雑記

タマミ、おそろしい子!『のろいの館』

のろいの館 (サンデーコミックス)作者: 楳図かずお出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 1984/11/01メディア: コミックこの商品を含むブログを見る■楳図かずおの『赤んぼ少女』を遂に読みましたよ。でもタイトルが違います。秋田書店から出すときに改題したそう…

リンチ・内ゲバ・拷問、何でもござれ!女の園の裏はドブ!ザ・ガードマン『女の戦争』

■ザ・ガードマンの1967年放映の第126話ですよ。昭和42年のテレビドラマって、同じTBSで『キャプテンウルトラ』を放送中ですが、同じTBSの人気番組がこんなにエグイお話と描写を繰り出していたとは。原案は野森華樹、脚本は藤森明、監督は凶悪に攻め…

映画美術ファン垂涎、眼福の書『シネマの画帖 映画美術監督 西岡善信の仕事と人々』

■以前から気になっていた淡交社のムック本『シネマの画帖 映画美術監督西岡善信の仕事と人々』の新古本が古書店にお安く出ていたので買ってしまった。収蔵スペースの関係上あまり蔵書は増やしたくないのだが、これは図書館で借りて読むのではなく、手元に保…

プア・オーディオ試聴記録=プリ・メインアンプ DENON PMA-600NE

■伝統のDENONの入門用プリメインアンプのPMA-390シリーズが更改されたんですね。随分息の長いシリーズで、以前にPMA-390SEを使っていたこともあり、安価にも関わらず素性の良いことはよく知っているんだけど、ついに無くなってしまうんですね。寂しい。 ■で…

東宝特撮迷走の軌跡『ゴジラ東宝チャンピオンまつりパーフェクション』

ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)作者: 電撃ホビーマガジン編集部出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2014/11/28メディア: 大型本この商品を含むブログ (1件) を見る■『ゴジラ対メカゴジラ…

お馴染み!暴走する迷惑おばさん、中原早苗の狂気に戦慄!ザ・ガードマン『おしゃべりは死を招く』

■1967年、まだモノクロの頃のザ・ガードマン第117話。脚本は増村保造、監督は宮下泰彦。撮影は上原明、美術は井上章。ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 前編出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2006/08/25メディア: DVD購入: 1人 クリック: 4回この商…

昭和元禄玉の輿?魔子・きっこ・早苗でパンチ・パンチ・パンチ!ザ・ガードマン『女の出世は結婚サ!』

■1970年11月に放映されたザ・ガードマンの第295話。脚本は藤森明と増村保造、監督はお馴染みの宮下泰彦。緑魔子、松岡きっこ、中原早苗というレギュラーゲスト女優陣による不謹慎このうえない喜劇。ザ・ガードマンとうシリーズはなかなか懐が深くて、怪談…

刺さりましたか、確かに目玉の真ん中に!日本名作怪談劇場『怪談利根の渡し』

■3年ほど前に日本名作怪談劇場を観ていたので、そのうちの傑作について感想をサルベージしておきたい。1979年にテレビ東京系で放映された真夏の納涼番組。歌舞伎座テレビが製作で、京都映画が下請けで実質制作にあたり、低予算番組ながら総じて映像クオ…

ウルトラの母がいる、悪魔の怪鳥がいる、そして私はどこにいる?地獄の中心で母の愛を悟る!ウルトラマンタロウ「地獄のバードン三部作」

■久しぶりにウルトラマンタロウの第17話『2大怪獣タロウに迫る!』第18話『ゾフィが死んだ!タロウも死んだ!』第19話『ウルトラの母 愛の奇跡!』の三部作を通しで観たら、ご都合主義のようで、変に理の立ったお話で、感慨を新たにした。2大怪獣タ…

出刃包丁二刀流の鬼婆がトラウマ級に怖い猟奇スリラー!ザ・ガードマン『怪談殺人鬼ホテル』

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン」恐怖とサスペンス篇コレクション(1) [DVD]出版社/メーカー: スバック発売日: 2003/07/23メディア: DVD クリック: 2回この商品を含むブログを見るザ・ガードマン 恐怖とサスペンス篇セレクション2 [DVD]出版社/メー…

三倍泣けます!母もの映画の怪獣版!ウルトラマンタロウ『びっくり!怪獣が降ってきた』

ウルトラマンタロウ Blu-ray BOX出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2017/12/22メディア: Blu-rayこの商品を含むブログを見る■いまアマゾンプライムビデオで『ウルトラマンタロウ』が見られるので、いくつかつまみ食いして観たけど、着想は悪くない…

1986年、堀内正美は吸血蜘蛛男だった!現代怪奇サスペンス『蜘蛛』

■1986年の本放送のときに録ったビデオテープが出てきたので、久々の再見。まあ、3~4回は観てますがね。■ユニオン映画の制作で、原作:遠藤周作、脚本・監督が石井輝男、撮影:出先哲也、照明:野口素胖、美術:古谷良和、音楽:鏑木創という布陣。実は本…

ショック!団地奥さんが転落死!?止まらない団地妄想の暴走!ザ・ガードマン『人妻のアルバイトは死を招く』

ザ・ガードマン 1970年度版 DVD-BOX(前編)出版社/メーカー: スバック発売日: 2005/06/15メディア: DVD クリック: 3回この商品を含むブログ (8件) を見るザ・ガードマン 1970年度版 DVD-BOX(後編)出版社/メーカー: スバック発売日: 2005/06/15メディア: DVD …

バクチに狂った団地妻 稲野和子がこけしで加藤嘉を撲殺!ザ・ガードマン『バクチで稼ごう!団地奥さん』

ザ・ガードマン 1970年度版 DVD-BOX(前編)出版社/メーカー: スバック発売日: 2005/06/15メディア: DVD クリック: 3回この商品を含むブログ (8件) を見るザ・ガードマン 1970年度版 DVD-BOX(後編)出版社/メーカー: スバック発売日: 2005/06/15メディア: DVD …

スポーツ嫌いによるスポーツ嫌いのためのオリンピック賛歌!『いだてん~東京オリムピック噺~』第一部大団円

■いよいよ大河ドラマ「いだてん」第一部(金栗四三編)が完結したので、前半を軽く総括しておくよ。■なにしろ庶民を主人公とした近現代史なので、一般の大河ドラマ好きからは総スカン状態で、視聴率も散々らしいですが、一般視聴者にとっては視聴率が良かろ…

嗚呼、吾輩も田島和子に★を抜かれてみたい!ザ・ガードマン『現代牡丹灯籠』

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン」恐怖とサスペンス篇コレクション(1) [DVD]出版社/メーカー: スバック発売日: 2003/07/23メディア: DVD クリック: 2回この商品を含むブログを見るザ・ガードマン 恐怖とサスペンス篇セレクション2 [DVD]出版社/メー…

現代神秘サスペンス『もうひとつの世界』

■阿刀田高の「恐怖同盟に」収録された「疣」が原作の1989年製作作品。関西テレビの『現代神秘サスペンス』枠で放映された。本放送を観ている気もするし、観ていないかもしれないし、すべては霞の世界に溶け込んでいる。なにしろ30年前のテレビドラマですよ…

阿刀田高サスペンス「見えない窓」

■阿刀田高の『東京25時』に収録された同名短編の関西テレビでのドラマ化。制作はG・カンパニー。1990年の作品です。 ■脚本は鹿水晶子、監督はにっかつロマンポルノが終焉でテレビドラマに活躍の場を移した西村昭五郎。一種の透視能力を持った少年が入…

サスペンス・魔『鍋とエレベータ』

■阿刀田高の同名小説が原作で、脚本:鹿水晶子 監督:山田大樹によるシリーズ「サスペンス・魔」の一編。制作は東映だけど、技術スタッフは技術協力の東通の人だろうか。 ■低予算のビデオ撮影だけど、さすがにこの時代になると映像のルックが改善されている…

現代怪奇サスペンス「鏡の中の男」

■脚本:橋本綾、撮影:北坂清、美術:佐野義和、音楽:小川文明、監督:中島貞夫による現代怪奇サスペンスの一編。このシリーズ、ひたすら懐かしい。確か石井輝男が『蜘蛛』とか『怖い贈り物』とかの傑作を撮っていたよね。主演は市毛良枝、前田吟、隆大介で…

直木賞作家サスペンス『影の殺意』

■1989年に放映された関西テレビ製作による直木賞作家サスペンスの一編。原作は結城昌治の同名小説で、脚本は斉藤博、監督は中原俊という異色作。当時、斉藤博と中原俊はにっかつロマンポルノの末期に新風を巻き起こした若手でした。でも本作は東映製作ですね…

阿刀田高サスペンス「海が呼ぶ」

■阿刀田高サスペンスの一本。1990年に放映されたが、これはさすがに観てなかった。 ■脚本:中村務、音楽:樋口康雄、撮影:水巻祐介、照明:安藤清人、監督:小川誠というスタッフで、萬田久子、桑名正博、長門裕之、水原ゆう紀らが出演。海辺の貸別荘に…

世にも奇妙な物語「屋上風景」「坂道の女」「だれかに似た人」

■これは珍しい。世にも奇妙な物語の最初期に阿刀田高原作の三本立てがあったのだ。1990年のことでした。微かに覚えている気もするが、ほぼ忘れていた。大映テレビの制作なので、監督は全部土井茂です。 ■屋上風景 脚本:小中千昭、監督:土井茂 鶴見慎吾が主…

阿刀田高サスペンス「趣味を持つ女」

■阿刀田高サスペンスという関西テレビ制作による1時間枠のシリーズがあったことすら知らなかったのだが、1990年の制作ですね。阿刀田高の短編小説のドラマ化としては成功の部類。 ■脚本:佐伯俊道、監督:猪崎宣昭で、檀ふみ、竹内力、山田吾一、菅貫太…

VICTOR SX-F1という素性不明のスピーカーを愛玩する

■VICTORの昔出していた密閉型スピーカーの音色が好きなので探索しているうちに見つけたのが、SX-F1という素性不明のスピーカー。F1シリーズというハイコンポに付属した、つまり特定機器専用に設計されたスピーカーらしい。もちろんVICTORお得意の密閉型。あ…

特撮オタクのトラウマに塩を塗れ!本気度満点の『トクサツガガガ』

特撮オタクのトラウマに塩を塗れ! NHK名古屋制作で放映された漫画原作のドラマ『トクサツガガガ』は予想以上にエグイドラマだった。隠れ特撮オタクのOLを主人公とするアルアル小ネタ満載の、面白おかしい、それだけの軽いサブカルコメディなのかと思ってい…

モニターオーディオSilver50を自信をもって推してみる!

■いやもう、プライベートにいろいろあって、自身の老いを感じ、生命力がガタ落ちしている昨今、気分を変えてオーディオ方面に話題を振ってみたい。 ■モニターオーディオって、大型家電店にもそれなりに置いてあって売れているはずなのに、あまり評判を聞かな…

演劇集団円公演『景清』

基本情報 景清 @吉祥寺シアター 原作:近松門左衛門 脚本:フジノサツコ 演出:森新太郎 出演:橋爪功、高橋理恵子 感想 ■近松の『出世景清』を橋爪功のほとんど一人芝居のように仕立てた異色作。もともとが人形浄瑠璃なので、景清とその娘以外の登場人物を…

文学者/軍人の鷗外は大逆事件に如何に接したか『鷗外の怪談』

基本情報 鷗外の怪談 ★★★☆ NHKBSプレミアムステージ 作・演出:永井 愛 美術:大田 創 照明:中川隆一 出演:金田明夫、水崎綾女、内田朝陽、佐藤祐基、高柳絢子、大方斐紗子、若松武史 感想 ■大逆事件の発生により、文学者森鴎外は思想弾圧の風潮に激しい反…

『愛知発地域ドラマ 真夜中のスーパーカー』 

基本情報 愛知発地域ドラマ 真夜中のスーパーカー 2018 脚本:會川昇、音楽:ゲイリー芦屋、VFX:泉谷修、演出:大橋守 感想 ■トヨタ自動車博物館を舞台とした『ナイト・ミュージアム』みたいなお話で、名車トヨタ2000GTがファンタジー空間で走り回るという…