お待たせしました!ついに電子書籍『超特撮 vol.2』刊行!

f:id:maricozy:20191008204735p:plain

ついに『超特撮:日本特撮映像発達史』シリーズ第二巻の刊行です!

■お待たせしました!『超特撮 vol.2』が、やっと出来上がりました。本当なら昨年中に発行する予定だったのですが、昭和男子ならではの家庭の事情がいろいろと錯綜してなかなかまとまった時間がとれませんでした。昭和男子の辛いところですね。。。
■しかも、そうこうしているうちに、突然洋泉社から『平成大特撮』が出版されたりするので大いに焦りましたが、本書では「昭和」の終わりから「平成」にかけての時期を扱っているので、内容的にほとんど重複はないのでした。

続きを読む

日活名物!これぞGS歌謡映画『夕陽が泣いている』

夕陽が泣いている

夕陽が泣いている

  • メディア: Prime Video

基本情報

夕日が泣いている ★★☆
1967 スコープサイズ 87分 @アマゾンプライムビデオ
脚本:山崎厳 撮影:山崎善弘 照明:高島正博 美術:千葉和彦 音楽:林一 監督:森永健次郎

感想

■日活の若手俳優山内賢、和田浩次、杉山元、木下雅弘が、「日活ヤング&フレッシュ」あるいは「山内賢とヤング&フレッシュ」というバンド活動を1962年から行っていて、レコードも発売していたらしい。ちなみに杉山元は「ミラーマン」の気弱な眼鏡の理系青年、安田隊員でお馴染みですね。個人的には好きなんですよね、安田隊員。この時代の日活映画で脇役としていっぱい出てますね。なお、日活ヤング&フレッシュは、1966年3月の『青春・ア・ゴーゴー』がその映画主演第一作らしい。
■上京した山内賢らが偶然出会ってバンドを組み、憧れの名ギタリストの妹がマネージャーとなってザ・スパイダースの「夕日が泣いている」を共作するまでをセミ・ドキュメンタリータッチで描いたGS歌謡映画。彼らが憧れる名ギタリストを演じて名演奏を披露するのが横内章次という実際の音楽家で、俳優の横内正のお兄さんだそうです。というわけでもなかろうが、堂々と演じきるから大したもの。もちろん超絶技巧の演奏は本人による。
■その妹でアメリカ留学を目指す女子大生が和泉雅子で、もっともキュートな頃なので、モノクロ撮影の低予算映画とはいえ、スクリーン映えしますわ。当然ながら。監督の森永健次郎は大ベテランで当時の感覚としては初老のおじさん。何故かキャメラを無意味に動かすのが好きな人で、本作でもドキュメンタリータッチで即興的なキャメラワークを駆使していて、ビートルズ映画を意識したものだろうが、なかなかセンスが良くてビックリ。さすがにコンサート会場場面はカット割りが音楽性に追いついてませんが。
■それまで日活らしい勤労者青春映画の中にGS歌謡要素を強引にぶち込んでいたわけだが、ここに至って歌謡を聞かせることを主眼にしてドラマ性は後退、そこが映画としては物足りないところではある。同時期の東宝の若大将映画では、ドラマ性と音楽性、さらに海外ロケなどのスペクタクル性まで兼ね備えた豪勢な映画作りだったことに比べるといかにも小粒なのだ。
■本作では山内賢和泉雅子がデュエットを披露しますが、既に鍛冶昇監督が同年2月の『二人の銀座』でコンビの歌謡映画を撮っているんですね。こちらもまだ低予算のモノクロ作品ですが、このあとの同監督作で10月公開の『東京ナイト』はカラー映画に格上げ。どちらも楽曲が良いので、きっとアマゾンプライムビデオに入ることだろう。というか、是非お願いしたい!
■そしてこの年、彼らの脇で顔出ししていたザ・スパイダースがついに主演作を撮ることになるんですね。『ザ・スパイダースのゴーゴー・向う見ず作戦』がそれです。あ、これもアマゾン・プライムビデオに入ってる!
■ちなみに本作は、『恋人をさがそう』という西条輝彦主演の映画と二本立てで公開されてますが、監督はこちらも森永健次郎。いかにも日活凋落期らしい低予算作品のやりくりが続きますね。同年1月には日活映画の実質的な製作部門のトップだった江守常務が経営不振の責任を追求されて更迭されてますからね、製作規模の縮小は当然のことでありました。4月公開の『大巨獣ガッパ』がまがりなりにも大作仕様でいられたのは政府系の日本映画輸出振興協会の資金援助があったおかげでしょうね。
www.nikkatsu.com

内灘闘争のロミオとジュリエット!『非行少女』

非行少女 [DVD]

非行少女 [DVD]

  • 発売日: 2013/06/04
  • メディア: DVD

基本情報

非行少女 ★★★☆
1963 スコープサイズ 114分 @アマゾンプライムビデオ
企画:大塚和 原作:森山啓 脚本:石堂淑朗浦山桐郎 撮影:高村倉太郎 照明:熊谷秀夫 美術:中村公彦 音楽:黛敏郎 監督:浦山桐郎

非行少女

非行少女

  • メディア: Prime Video

感想

■『キューポラのある街』に続く浦山桐郎の第二作で、例によって和泉雅子をシゴキぬいて演技を超えた表情を引き出し、これまたモスクワ国際映画祭銀賞などの賞をとって若き名匠・浦山の名が高く喧伝された映画。和泉雅子は当時の日記に「ウラ公殺して、俺も死ぬ」と書きつけたほど、苛烈な演技指導で若い娘を追い込んだ。
■昭和24年から石川県内灘村の内灘砂丘の海岸線は米軍の試射場となった。朝鮮戦争で使う砲弾の試射のために必要とされたが、当然のように接収反対運動が起こって村は二分され対立することになった。その際に立場の相違から遺恨を残した2つの家族から、兄が保守系の町会議員に立候補して意にそまぬ無職の三郎(浜田光夫)と、自堕落な父を持ち、幼さゆえ亡くなった母に対する思慕を引きずりながら、自らの自堕落な生活に陥る中学生若枝(和泉雅子)が出会って、淡い恋心を育てながらも偶発的な火災事故を契機に引き離され、それぞれ想いを残しながらも別々の道を歩くことを決心するまでを、シビアに粘った演出で描く。
■企画は日活で数々のリアリズム路線の意欲作を製作した大塚和で、浦山桐郎も堂々とリアリズム演出の姿勢を貫く。撮影は名手の高村倉太郎だけど、この時期やっぱり脂の乗り切っていた姫田真左久のキャメラで観たかったというのが偽らざる本心だ。というか、リマスターがどうも不十分なようだな。『豚と軍艦』とか『にっぽん昆虫記』とか『人類学入門』くらい、もっとピカピカに磨きあげれば、モノクロ撮影のシャープさが蘇るのかもしれない。
■三郎が居候する家の鶏舎が若枝の不始末で一気に炎上する場面までが前半で、後半は更生施設に入れられた若枝が同じような境遇の娘たちと徐々に打ち解けてゆき、一種の連帯感の中で癒やされてゆくさまをじっくりと描く。何しろ、普通のプログラムピクチャが90分のお約束のところ、約2時間の映画に仕上がっているから、完全に文芸大作仕様なのだ。
■鶏舎の火災シーンはリアリズム演出の最たるのもので、実際に鶏が眠る鶏舎に火を放って一発撮り。おかげで火だるまの鶏が走り回って焼け死ぬ阿鼻叫喚をそのまま撮影している。実際は、もっと早く消火する計画だったが、消火用の水が凍ってしまって、消火作業が遅れたものらしいが、完全に事故映像である。熊井啓が『地の群れ』でネズミを焼き殺したのも、この映画の印象があるのかもしれない。これもまた日活リアリズム映画の系譜か。
■更生施設でのエピソードに感動的な場面が用意され、特にマラソン大会で若枝が村人達に差別されて仲間たちが「わてらかて人間や!」と反論するシーンは名シーンだし、若枝を金沢に連れて帰って娼婦にしようとする叔母が、悪い環境に戻すことを反対する教師に向かって「そんな権利がありますか!?」と反発するのに、「権利というより、義務ですよ、これは!」と高原駿雄演じる教師がピシャっと反駁する場面も痛快な名シーン。
■そして、ラストの大阪に旅立つ若枝に一緒に戻るよう三郎が切々と訴える金沢駅の喫茶店の場面は、確かに粘りに粘った名シーン。二人の周りをキャメラが回転し、周囲のモブたちが二人の異様な雰囲気に反応しつつ、奇異の視線を投げかけながら行き過ぎる。二人は愛し合うゆえに、それぞれ別の道を往くことが必要だと話し合う。二人が元の街に戻っても、また不要な波風を起こすだけで二人に光は差さないだろう。そのことを若枝がひとりで考え抜いて先に悟り、年上の三郎は徐々に説得されて理解してゆく。若枝は確かに成長したのだ。一人の足であるき始めることがいま必要だと自身で決めたのだ。冒頭で若枝に学校の勉強を教えていた三郎が、こんどは若枝に教えられている。「ボクも一人になって、もっと自分を掘り下げていってみるわ」三郎はやっと若枝の決意が腑に落ちるのだ。愛するからこそ、互いにまず独り立ちからやり直すのだ。巡り合うタイミングが早すぎたことが悲劇だった二人は、もう一度出会い直すところからやり直すことに決めたのだ。
■だから本作は、浦山桐郎の映画というよりも、大塚和が若杉光夫らの民藝映画社のスタッフで製作した『大人と子供のあいの子だい』とか『サムライの子』といった半分教育映画的な青春映画、児童映画の系列に連なるものだと感じる。そして、ラストの三郎の少々唐突なセリフ「戦争が始まりそうになったら、飛んでいってやるからな!」が、朝鮮戦争を発端とするこの映画の締めくくりとなる。東西冷戦下の昭和38年、核戦争の見えざる危機と戦争の影を引きずりながら、それでも二人は新しいそれぞれの人生に旅立ち、将来出会い直すことに賭けるのだ。
www.nikkatsu.com
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

GS歌謡怪獣映画、ここに誕生せり!『大巨獣ガッパ』

基本情報

大巨獣ガッパ ★★★
1967 スコープサイズ 84分 @アマゾンプライムビデオ
企画:児井英生 原案:渡辺明 脚本:山崎厳、中西隆三 撮影:上田宗男 照明:土田守保 美術:小池一美 音楽:大森盛太郎 監督:野口晴康
特殊撮影
撮影:柿田勇、金田啓治、中村義幸 美術:山本陽一 照明:高橋勇 協力:株式会社日本特撮映画 渡辺明、菅沼峻、真野田幸雄、大隅銀蔵

感想

■お話は有名なあれなので措くとして、特撮部分に関してはなかなか見どころは少なくない映画ですよ。キレイなリマスター版で観ると改めてそう感じる。
オベリスク島の巨石像のシーンもオーソドックスに撮られているし、地下湖のセットもかなりの力作で、本編セットもさすがに重厚。子ガッパの誕生も、もっと丁寧に描けるとは思うが、悪くない。ぬいぐるみ等の作り物がもう少し柔軟だったらと感じる。
■ガッパ夫婦の熱海上陸場面も、日本特撮映画には東宝で光学撮影の担当だった真野田幸雄がいるから合成カットの作り込みに関してはなかなかのもの。実際の合成作業は東洋現像所で行ったのだろうが、有名な宴会中の広間をガッパの足が踏み抜くカットなど意表を突く名シーン。熱海の街のミニチュアセットも相当に大きなもので、ミニチュアワークも悪くない。問題なのは、その撮り方と編集に、このジャンルに対する慣れがないこと。個々のカットが有機的に繋がらないから、怪獣側のドラマが生まれない。母ガッパがゆでダコを咥えて上陸する有名なシーンもちゃんと点描でフォーカスを当てないと意味がない。
熱海城付近での戦闘機との大乱闘も描写は荒く、ガッパの吐く熱戦をちゃんと線画合成で表現するのはさすがに元東宝スタッフの仕事だが、光線があっちこっちにランダムに飛びまくるのはあまりにも残念。このあたりのセンスの欠如は如何ともしがたい。
■湖からガッパ夫婦が飛び立つと濁流が街を飲み込むという東宝特撮のエッセンスを踏襲した優れた演出と大胆な合成カットは見事だが、京浜工業地帯のコンビナート地帯に乱入するミニチュアワークはこれも撮り方の問題で冴えない。せっかくあれだけ豪華なミニチュアセットを組んでいるのに。あの雑な撮り方。
■正直ここに至るまで肝心のガッパ夫婦のドラマ(怪獣映画の場合の怪獣側のドラマとは、怪獣の生き物らしい生態や出現した目的や独特の行動様式などなどのこと)だが、これがほとんど描けていない、ガッパはただ棒立ちして歩き回るだけなのだ。ここに特撮演出の不在が露見している。正直なところ、特撮班の現場監督は誰だったのかと怪しむ。おそらくは大ベテランの渡辺明が演出指揮をとったものだろうが、演出家としては疑問が残る。ちゃんと子ガッパに呼びかけながら姿を探す様子が表現されないと様にならない。
■ところがおかしなことに、クライマックスの羽田空港でのガッパ親子再会の場面になると、急に怪獣演出に血が通ってくる。わかりやすいドラマの背骨が一本通ることによるのかもしれないが、明らかに怪獣を描くカット割りが丁寧になる。それまでの破壊シーンは現場でいろんな撮り方をした断片を適宜つないだ風にしか見えないモンタージュだが、ラストシーンだけはコンテがしっかりしていて、コンテ通りに撮られている印象なのだ。想像だが、ラストシーンの演出には本編の野口監督が演出にタッチしているのではないか(あるいは監督補の橋本裕や林功かも)。そもそも特殊撮影班のキャメラが大東宝でもないのに3人も並んでいる時点から、複数班同時進行の可能性大なのだ。
■そしてガッパ親子の翼の仕草やアップの表情で情感を生み出してゆく正攻法の演出術がここではちゃんと機能していて、だからこそ妙に感動的なラストシーンとなっている。父ガッパが先に飛翔して、逡巡する子ガッパに翼をバタバタして飛び方を教える場面など、おそらく完璧なカット割りであり、子ガッパが見事な操演で初めて離陸し、そして母ガッパが同じカット内で飛び立ったのを確認して父ガッパが華麗に舞い上がる、操演と演者の呼吸が見事にシンクロした名ショットの感動は決して東宝の怪獣映画に劣りはしない。
■そして、怪獣だって人間だって親子の愛情に変わりはないの!と幼子に諭されて、強欲社長ならずとも、ついホロリとさせられるラストでは、童謡調のサブテーマからGSテイスト(あるいはエレキ歌謡と呼ぶほうが正確か)全開なテーマソングにつながる爽快さは、なかなか捨てがたいものがある。この時期、日活映画はザ・スパイダースを主演とするGS歌謡映画に力を入れており、青春映画にはGSサウンドが欠かせない!とにかくなんでもGS要素をぶち込んでおけ!くらいの前のめりの機運があったに違いない。本作もついに怪獣映画とGSサウンド(エレキ歌謡?)が合体して、美樹克彦の名曲を生んだ。マジックアワー狙いの羽田空港のロケ撮影も妙にキレイで、実に後味の良い、気持ち良い怪獣映画になっている。
■そう言えば、このとき生まれた子ガッパも、いまや”天命を知る”年齢ですね。遠い南の島で何を思うことでしょう。とおさん、かあさんは今も健在ですか?

大巨獣 ガッパ [DVD]

大巨獣 ガッパ [DVD]

  • 発売日: 2004/07/09
  • メディア: DVD
Gappa: Triphibian Monster [Blu-ray]

Gappa: Triphibian Monster [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/02/25
  • メディア: Blu-ray
大巨獣ガッパ オリジナル・サウンドトラック

大巨獣ガッパ オリジナル・サウンドトラック

がっぱ先生 [DVD]

がっぱ先生 [DVD]

  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: DVD
www.nikkatsu.com

舟木&スパイダース!夢の共演?強引な抱き合わせ商法?『高原のお嬢さん』

高原のお嬢さん [DVD]

高原のお嬢さん [DVD]

  • 発売日: 2007/06/08
  • メディア: DVD

基本情報

高原のお嬢さん ★
1965 スコープサイズ 93分 @アマゾンプライムビデオ
脚本:千葉茂樹柳瀬観 撮影:上田宗男 照明:安藤真之介 美術:川原資三 音楽:池田正義 監督:柳瀬観

感想

アサヒビールとのタイアップ映画で、山内賢はほぼ全シーンでビールを飲んでいて、大学生なのに完全にアル中。そもそも初登場の場面では、自動車を運転しながら白昼堂々とビールをがぶ飲みしている。これほど露骨でたちの悪いタイアップもなかろう。
山内賢は器用な人なので、アドリブっぽくC調演技を披露するが、このひと、むしろ東宝なんかが似合う人じゃないか。この時期の日活の若者向け映画は、基本的に提携先の民藝の影響を受けた(?)リアリズム路線の勤労者映画なので、どうも収まりが悪い。
■当時の日活映画は大ブームになっていたGS歌謡を映画に取り入れることに熱心で、堺正章舟木一夫の弟分としてコメディリリーフを務め、山内賢の友人という触れ込みでザ・スパイダースが登場して舟木とも競演する。舟木一夫の歌謡曲だけじゃ足りなくて、GSまでトッピングする贅沢で強引な歌謡映画だ。でも、ザ・スパイダースが日活映画で堂々と主演を張る『ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦 』まで、まだ2年の歳月が必要だったのだ。
■監督の柳瀬感は舟木と和泉のラブシーンはちゃんと丁寧に情感たっぷりに描いて、決して筋は悪くないのに、脚本が適当なのでなんとも分が悪い。最大の見せ場は、クライマックスの人形を使って別れを告げる場面だが、これも人形劇を前半で十分に振っていないので、完全な効果を発揮していない。
www.nikkatsu.com

黛ジュンってなんか凄かったらしいね、生まれる前だけど(嘘!)

黛ジュン 灼熱のミニスカ・ダイナマイト!!

黛ジュン 灼熱のミニスカ・ダイナマイト!!

  • 発売日: 2004/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
黛ジュンって、今更どうなの、誰が聞くの?という感じのイメージしかなかったけど、東芝時代の楽曲を聞くと、うわ、これは凄いわ!とすっかり変心して、すっかり虜になりました!毎日聞いてます!
■このアルバムは、東芝時代のアルバムからモノラル・ブラザース(誰?)の選曲でチョイスしたものらしいけど、いやほんとに名曲揃いで圧巻ですよ。いわゆる「ひとりGS」というジャンルの草分けで、ジャズとロックの融合したGSテイストの、いい意味でイケイケドンドンの派手なバックバンドに乗って、パンチのある歌唱が伸びやかに突き抜ける系の気持いい歌いっぷり。これは麻薬的に効きますよ。バックバンドの演奏がとにかく馬力と技巧があって、頗る快感。非常にレベルが高いなあと思っていたら、それもそのはず、ライブでは全盛期の原信夫とシャープス&フラットなども担当しています。
■とにかく何を聞いてもグッと来るけど、「ブラック・ルーム」「土曜日の夜何かが起こる」「サマー・ラヴ」のあたりのソウルフルな演奏と歌唱は、ほんとに最高で堪らない。「八木節」も凄いと思うけどね。あの「八木節」ですよ、奥さん!
灼熱のミニスカ・ダイナマイト!!

灼熱のミニスカ・ダイナマイト!!

  • アーティスト:黛ジュン
  • 発売日: 2005/06/15
  • メディア: CD
■このアルバム自体はさすがにもう古くて入手困難だけど、アマゾンでMP3形式でダウンロードできることを知って、初めてダウンロードで購入しました。音質的にはいまいちで、ハイレゾ音源の綺羅びやかな高音の生々しさは無いので、CDで入手したいところですが、とにかく手軽に聞けるだけでありがたい気がします。サンスイのアンプでJBLの大きめのスピーカーをドンドコ駆動すれば、昭和40年代前半の熱い鼓動が体感できますよ!これぞ至福!!

参考

上記のアルバムはさすがに音源が古くて、リマスターもあまり本格的に行われていないようで、特にMP3版は明らかに音質が劣ります。その点、以下のCDはリマスターが強力で、近年のハイレゾ仕様に対抗して(?)歌声の高音部が綺麗に伸びます。バックバンドの荒々しい豪快な演奏も音が派手に飛び出して、いい意味で耳に突き刺さります。音質で選べば、こちらかなあ。

ゴールデン・ベスト: 黛ジュン

ゴールデン・ベスト: 黛ジュン

  • アーティスト:黛ジュン
  • 発売日: 2002/06/19
  • メディア: CD
GOLDEN☆BEST 黛ジュン2

GOLDEN☆BEST 黛ジュン2

【コロナ禍巣篭もり企画⑧】旧HP記事を大量投入中!こ・れ・が・最後だ!?

■コロナ禍も収まるかと思いきや、欧州で再び猛威をふるって収束の目処が見えません。本邦も真冬に突入すると、どうなることやら。コロナ禍巣ごもり企画もそろそろ最後かと思いつつ、第8弾を投入します。そろそろネタ切れかなあ。
■今平の『人類学入門』を観て、これを思い出しました。こちらも野坂昭如らしさが全開ですね。非常にユニークで先鋭的な映画ですが、いまいちシュールに突き抜けるところまでは行きませんでしたね。そこはちょっと残念。
maricozy.hatenablog.jp
■脚本の井手俊郎って、お気に入りの、お得意の趣向を何度も繰り返して書いていることに、最近気づきました。『めし』とか『若い人』とか本作とか。
maricozy.hatenablog.jp
■わたしは、深作欣二工藤栄一の一部の作品は過大評価されていると考える、ただのひねくれ者です。賛同者は多くありません。
maricozy.hatenablog.jp
大映京都の断末魔、秘録シリーズを集めましたよ。好事家にはたまりませんね!『秘録怪猫伝』はもともと企画時は「秘録」は付いていなかったのに、いつのまにか秘録シリーズに編入されてしまったわけですね。でもエロス要素が無いので、全く無理やりですよ。
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

秘められし椿屋敷の呪怨!『夕笛』

夕笛 [DVD]

夕笛 [DVD]

  • 発売日: 2007/06/08
  • メディア: DVD

基本情報

夕笛 ★★
1967 スコープサイズ 91分 @DVD
脚本:星川清司、智頭好夫 撮影:横山実 照明:河野愛三 美術:佐谷晃能 音楽:池田正義 監督:西河克己

感想

舟木一夫の日活純愛三部作の二作目で、昭和42年度芸術祭参加作品。原作はなく、星川清司のオリジナルのようだ。旧制高校生の雄作は、ニシン漁で成り上がって、没落した自分の屋敷を買い取った筒井家の娘若菜と愛し合うようになるが、駆け落ちを約束した夜、特高に検束される。約束を果たせなかった若菜は泣く泣く許嫁の家へ縁付くが、父親は漁場で遭難し、椿屋敷は母親とともに焼失する。さらに自身は母親の遺伝か、眼病で視力を失ってゆく。。。
■第一作『絶唱』は封建的な旧家解体を描く、完全に傾向映画で、第三作の『残雪』も現代劇のなかにベトナム戦争下の大学生の戦争への危機感を強く打ち出して立派に傾向映画だったのだが、本作は左翼思想を疑われて特高に引っ張られる場面はあるものの、そうした思想的な要素は意外にも薄い。それは星川清司が脚本を書いたせいかもしれないが、そもそも本作は滅亡への傾斜を描くゴシックロマンであるためだろう。
■劇中で何度か繰り返されるのが筒井家の屋敷に根を張る白椿の大木で、不吉な言い伝えがあるらしいのだが、実際、この屋敷に住んでいた島村家は没落して屋敷を手放し、ニシン成金でそれを買い取った筒井家も次々と死人を出し、娘の若菜さえ盲目となり、宿命に耐えながら愛しぬいた恋人も唐突に喪うことになる残酷な運命を描き出すことになる。だが、そのタッチはあくまで懐旧的で叙情的なのだ。そしてあまり説得力がない。そこがこの映画の弱点で、西河克己はむしろ喜劇が上手い人で、泣かせる映画はどうも冴えない。
■そもそも、かなりゴシックなお話で、呪われた屋敷を主人公とするのなら、それなりの演出手法があったはずで、完全に因果怪談として描いたほうが面白かろう。過去に椿の因縁で死人が出ていた因果物語がフリとしてあり、舟木と松原の二人の純愛が因縁に蝕まれてゆく怪奇な悲劇を描いてくれれば、個人的には大好物なのに。そのときには、岡本綺堂怪奇小説などがいい参考になるはずだと思うぞ。ああ、完全に怪奇趣味の世界ですね。
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp