家は壊せても、家族は壊せない!これは凶暴な「岸辺のアルバム」だ!『クロール-凶暴領域-』

f:id:maricozy:20191014193215j:plain
https://theriver.jp/crawl-report/

基本情報

crawl ★★★
2019 スコープサイズ 87分 @Tジョイ京都(SC2)

感想

■巨大台風の接近中、離れて住む父親と連絡が取れないのを心配した娘が、昔住んでいて売りに出されている家の地下室に負傷して動けない父親を発見するが、その背後に巨大なワニが迫る。さらに洪水の水位は刻々と上がり。。。

■というココロオドル楽しいワニ映画。明らかにコレット=セラの小品『ロスト・バケーション』に似ている。どちらも母親の不在をサメとかワニとかいった狂暴な野生動物との対決を通して確認する物語。影響を受けているかもしれない。いや、明らかに影響があるだろう。母親の不在がどれほど家族にとって心理的に大きなダメージであるかという点で通底している。つまり、母親が家族の中心である、あるいはあるべきという共通理解があるようだ。その母親がいないと、これだけの事件と危機が残された家族に訪れるという認識が意識下に敷かれている。

■ハリケーンによる大水害で徐々に水位が上がってゆくのがサスペンスになるし、一軒の家の中のお話なのに舞台が変化するから活劇にもバリエーションが生じる。お話のスケールとしては小品だが、VFXも秀逸で非常にリアルなので、映像に奥行きがあり狭苦しさがない。しかもワニたちの襲撃もアレクサンドル・アジャ監督らしくメリハリと工夫があるし、期待通りに出るべきときに出てくれる。アレクサンドル・アジャという人は当然ホラー映画は得意としても、活劇志向が強いのが特徴で、あの問題作『ヒルズ・ハブ・アイズ』ですらまるで西部劇だった。

■そこにフランス人監督としてのエスプリとして、アメリカンに対する皮肉や揶揄が入るのだが、本作はそこは希薄。ただ、ヒロインもその父親もむやみに肉体が頑強で、何度ワニに噛まれても死なないのが、アメリカのマチズモに対する一種の皮肉=ギャグなのかもしれない。

■災害や災難で家は壊れても、家族は壊せないーそれが本作のテーマで、妻に捨てられて、娘二人独立して離れて住むからひとりぼっちで、鬱気味の父親がしがみつく、家族の昔の幸せだったおもいでが染みついた空き家が豪快に水没してゆく。その中で、まるでスポ根映画のように、水泳を通じて父と娘が再び結びつき、娘が父を救い、鬱から再起した父が娘を鼓舞し成長させる。「思い出せ!お前は鰐より速く泳げるはずだ!」後年名シーンとして語り継がれるに違いない。ストレートで素朴すぎて、かえって思いつかないぞ、こんな場面。

■さらに『ヒルズ・ハブ・アイズ』と同様に、本作も家族同士がせめぎ合う。ワニたちも繁殖して家族(?)を形成している。真に凶暴なのは怪物なのか、アメリカンなのか?というのは、まさに『ヒルズ・ハブ・アイズ』と同一のものだ。だから本作のサブタイトルの「凶暴」はワニだけでなく、ヒロインと父親のアメリカンな家族にもかかっているのだ。

■だから本作は、もし多摩川にワニが棲んでいたら?という『岸辺のアルバム』であり、『地震列島』なんだね。『地震列島』は巨大災害によって物理的な「家」と旧弊な封建的制度として「家」が崩壊するとき、「家」ではなく生身の「家族」が復活するというお話でしたよね。

参考

これが『ロスト・バケーション』ですね。サスペンスの名手コレット=セラとしては当然これくらい撮れるので、特に優れた映画ではないが、ジャンル映画としては上出来の部類。脚本がちゃんとできているから。

地震列島』もそろそろ正当に評価されるべきですね。肝心の部分が演出的に意に満たないけど。『日本沈没』ではなく、『家制度沈没』というテーマ性の部分がもっと認識されるべき。


お待たせしました!ついに電子書籍『超特撮 vol.2』刊行!

f:id:maricozy:20191008204735p:plain

ついに『超特撮:日本特撮映像発達史』シリーズ第二巻の刊行です!


■お待たせしました!『超特撮 vol.2』が、やっと出来上がりました。本当なら昨年中に発行する予定だったのですが、昭和男子ならではの家庭の事情がいろいろと錯綜してなかなかまとまった時間がとれませんでした。昭和男子の辛いところですね。。。
■しかも、そうこうしているうちに、突然洋泉社から『平成大特撮』が出版されたりするので大いに焦りましたが、本書では「昭和」の終わりから「平成」にかけての時期を扱っているので、内容的にほとんど重複はないのでした。
■第三巻以降どうしようかなあとは思いますが、素稿はもうできているので、ある意味『平成大特撮』も参考にしながら、漏れている視点や情報を補うことができそうです。できれば独自調査も行いたいところですが、「金と暇ができれば」というところですね。特に1980年代から1990年代にかけての「IMAGICA特撮グループ」の歴史や日本特撮映像史における貢献については非常に興味がある研究テーマだと考えるのですが。(特撮秘宝でやってくれそうな気もするから、大口孝之氏にこの場でこっそりお願いしておこう。)

■あと、本書の売りは、とにかく読みやすいことですね!文字数が少ないし、電子書籍だから文字サイズも自由自在!『平成大特撮』は文字が小さいうえに、文字数が多いので、実際のところメインターゲットの読者層は老眼も進んでいるので、買ってみたものの、現実的には読めないんじゃないかと思いますよ!
■また、今回の第二巻では、1980年代後半の主要作品リストをエクセルで作成して単純に貼り付けてみました。ただ、電子書籍での再現性、見え方に不安があるので、もっと改善の余地があるかもしれません。第一巻についても、第二版に更新する際に同様に主要作品リストを追加するかもしれません。(第一巻について表紙のデザインもマイナーチェンジしました。)
■正式なご案内よりも先にKDPで発売開始になっていましたが、はてなブログでなぜかアフィリエイトの書影が表示できないのでこの記事を公開するタイミングが後先になってしまったものです。なんとか表示する方法が分かったので、やっと記事にすることができました。なんで普通にアマゾンの商品紹介で出ないんだろうね。第一巻はこんな風にいつものように表示されるのに。。。

これが第二巻の構成です!

お待ちかね!遂に第二巻刊行!その後の「大特撮」百花繚乱絵巻!

1980年代以降、日本の特撮映像はどのように発達してきたのか?
時代は「昭和」から「平成」へ...
日本特撮「冬の時代」は「SFX映画」の時代に突入する!

本書は、超特撮シリーズの第2巻として、1980年代後半について詳細に綴る。

『八岐大蛇の逆襲』『螢川』『帝都物語』『未来忍者』『スウィートホーム』『ガンヘッド』そして『ゴジラVSビオランテ』…あの名作、傑作、問題作が続々登場!

目 次

第4章 1980年代後半=特撮からSFXへ

第1節 インディーズ化する邦画界

第2節 80年代後半のハリウッドSFX映画=SFX映画の成熟

第3節 東宝特撮の世代交代
 第1項 中野昭慶の有終の美=『プルガサリ 伝説の大怪獣』『首都消失』『竹取物語
 第2項 アニメと特撮の企画交流=『ガンヘッド
 第3項 平成ゴジラVSシリーズの誕生=『ゴジラVSビオランテ

第4節 独立系特撮映画の台頭
 第1項 バブル期を象徴する特撮大作=『帝都物語』『帝都大戦』
 第2項 台頭する独立系スタッフ=『孔雀王』『バトルヒーター』他
 第3項 光学撮影の到達点=『プルシアンブルーの肖像』『螢川』他
 第4項 アイドル特撮映画のその後・金子修介小中和哉=『みんなあげちゃう?』『どっちにするの。』『星空のむこうの国』他

第5節 新しい血
 第1項 新しい特撮のカリスマ・樋口真嗣=『八岐之大蛇の逆襲』
 第2項 和風SFの雄・雨宮慶太の登場=『未来忍者慶雲機忍外伝』
 第3項 白組の本格的映画進出=『スウィートホーム

第6節 特殊メイク技術の黎明

第7節 ハイビジョン技術の導入
 第1項 ハイビジョン技術による映画振興政策
 第2項 ハイビジョン技術の実験映画たち
 第3項 ハイビジョン技術という迷路

第8節 CM業界のデジタル映像革命

第9節 TV、CMなどへのCG導入

第10節 1980年代後半のテレビ特撮
 第1項 東映ヒーロー路線の独走態勢=スーパー戦隊メタルヒーロー仮面ライダー
 第2項 東映アウトロー復権東映不思議コメディ=『スケバン刑事』他
 第3項 長期低迷に喘ぐ円谷プロ

第11節 1980年代後半の傾向と分析
 第1項 特撮映画の世代交代の兆し
 第2項 SFX化する特撮映画
 第3項 アニメ映画の急激な進化
 第4項 バブルに沸く博覧会映像
 第5項 特撮ファンダムの進化
 第6項 「特撮氷河期」を超えて

あとがき
作品リスト
参考文献

関連情報

『超特撮:日本特撮映像発達史』シリーズの第一巻の概要についてはこちらの過去記事を参照してくださいね。キンドル電子書籍を見る方法も紹介してますよ。

実は猛烈な円谷プロ批判の書『白組読本』

■著者の公野勉氏は平成ウルトラシリーズの頃に円谷プロに在籍していた人で、その後東北新社でプロデュ―サーを、ギャガや日活で配給を担当している人なのだが、本書ではなにかと白組と円谷プロを比較しているのが読みどころで、おもしろい。
■公野氏はよほど円谷プロには遺恨を含んでいるようだ。具体的には、平成ウルトラ時代に、監督連中が全く予算度外視で動くのが腹に据えかねたらしい。確かに、テレビシリーズの制作が動き出すと、少々赤字出しても長期的に取り戻せばいいという考え方で品質の方を取るのが円谷プロの、良くも悪しくも伝統なので、経理的に馴染めない生真面目な人はいるだろうね。実際、そのせいで円谷プロは買収されて創業一族は追放されてしまったわけだからね。

白組読本

白組読本

■そして白組はスタジオも機材も全部自前で整備して、小さいながら最新鋭の制作機能を当初から持っていて、それが最大の武器で生命線なんだけど、円谷プロって、今に至るまで一度もスタジオすら持ったことがなくて、特撮技術を売って商売するという考え方も、なぜか無いのが特徴。
■創業当時こそ市川崑の日活映画の特撮場面の制作だけ請け負ったりしていたが、すぐに自社製作のウルトラシリーズで大当たりをとったから、特撮場面だけ請け負いなんてけち臭いとこはやってられないということだったのだろう。『西遊記』の特撮場面だけの請負なんて例外中の例外で、しかも品質重視で自社制作作品と同じノリで採算を度外視して撮影してしまうせいで、最初の頃の数本で外されてしまうからね。そいういう意味では、白組と比較すべきは、スタジオも持っていて、技術スタッフで組織された日本現代企画ではないか。そもそも円谷プロからリストラされた主要な技術スタッフが創立した会社で、事実上円谷プロの分家。自社製作もあったけど、特撮場面だけの請負も積極的に行っていたよね。
■ほんとは円谷英二は円谷(特技)プロでそんなこともしたかったろうが、円谷プロは事実上ずっとキャラクタービジネスの会社である。白組とはそこが根本的に異なっていて、白組は映像制作技術や立派なインフラはもうすでに持っているし、社内に山崎貴のような作家(「特殊社員」)も抱えているから、円谷プロのように著作権ビジネスで恒常的に潤いたいなあというのが今後の戦略なのだろう。
■そもそも、本書でも繰り返されるように映画のVFXだけの請負は予算的なしわ寄せを食らいやすく、商売としては旨味が少なくて、下手するとすぐに赤字になってしまうから基本的に積極的には手を出したくない商売なんだそう。だから円谷プロILMになろうとしなかったわけだね。あの著名なピクチャー・エレメントの唐突な倒産の報道を見るにつけ、リアルにそのとおりなんだなと納得した。
www.itmedia.co.jp

リンチ・内ゲバ・拷問、何でもござれ!女の園の裏はドブ!ザ・ガードマン『女の戦争』

■ザ・ガードマンの1967年放映の第126話ですよ。昭和42年のテレビドラマって、同じTBSで『キャプテンウルトラ』を放送中ですが、同じTBSの人気番組がこんなにエグイお話と描写を繰り出していたとは。原案は野森華樹、脚本は藤森明、監督は凶悪に攻めた(悪ノリ?)作風で一世を風靡した(?)宮下泰彦センセイ。撮影:佐藤正、照明:永沢和男、美術:上条文雄。
中野ブロードウェイのアイセル美容室で、お得意客:三崎千恵子がシャンプーで河童のように禿げるという珍事件が発生。共同経営者の中原早苗としめぎ・しがこは2つのグループに分かれて反目していたから互いに犯人が相手のグループにいるに違いないと邪推する。早苗グループの助手:真山知子はしがこグループの一員を熱湯で締め上げて真犯人を吐かせようとするが誤って殺害。逆にしがこグループの助手:夏圭子は早苗グループの若い娘を電気ショックで拷問するがショック死する。だが、その犯行を目撃した従業員の娘:嘉手納清美がいて。。。
■というお話ですが、三崎千恵子の河童のような禿げ頭で有名なエピソードですね。発端の事件こそコメディなのに、中原早苗としめぎ・しがこが互いに糾弾を始めるとその罵りあいからして相当強烈なのに、2つのグループの間で犯人捜しのために拷問合戦に発展するという陰惨で凶悪な展開に、観ていて気が滅入るほど。怪談ドラマではないが、怪談以上に怖いし生理的に不愉快なお話。ほとんど後の過激派学生の内ゲバによる殺し合いを連想させる。この時期にはまだそこまで事態が悪化していないのだが、既にセクト主義の行きつく先を予見していたのだろうか。宮下泰彦にそんな問題意識はありはしないと思うけど!
■ただ、その先に何者かの企みがあり真犯人が登場する展開なので、最終的には後味が、、、いや決して良くはないか。
■いっぽう、ガードマンの面々は「女はバカな生き物だからしようがないな」と、いつものように笑い話にして終わる。唯一フェミニストを自称する神山繁は、「それでも女は...それでも女は可愛いもんだ」と主張する。この当時の社会の女性差別的な視点の高さがどのあたりにあったかがよく分かる好テキストといえるかもしれない。でもこのドラマは女性プロデューサーが作っているんで、どういうつもりだったのか聞いてみたいものだな。単純にサラリーマンのおじさんの本音に寄り添ったドラマを作りたかったのかもしれない。いやそうなんだろうけど。

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 前編

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 前編

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 後編

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 後編

レギュラーゲストの中原早苗の常軌を逸した暴走特急ぶりにはひたすら戦慄しかないわけだけど、当時の中原早苗人気の源は何だろう。怖いもの見たさ?怪談ドラマの亡霊と同じ扱いか?
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

こんどは妖怪大戦争だ!ゲイリー・ドーベルマンを見直した快作『アナベル 死霊博物館』

f:id:maricozy:20191003213932j:plain
出典 https://fansvoice.jp/2019/09/15/annabelle-home-wilson-farmiga/

基本情報

Annabelle Comes Home  ★★★☆
2019 スコープサイズ 106分 @Tジョイ京都

感想

■よい子のおともだち、あのアナベル人形が、より一層狂暴になって帰ってきたよ!
■脚本、監督がゲイリー・ドーベルマンなのでどうなることかと心配したのだが、意外や快作に仕上がっているから嬉しい誤算。でもダメなところもそのまま残っているから、あとで話すよ。
■1971年、ウォーレン夫妻が呪われたアナベル人形を回収して自宅の陳列室に収納するところまでがアヴァンタイトルで、ここまでの話術と演出がかなり見事なもので、映画1本観た満足感が味わえる。ここでもゲイリー・ドーベルマンの怪奇映画趣味が顕著で、夜の情景の地面のあたりにはいかにもドライアイス風の夜霧が漂っていたりするから嬉しい。ウォーレン邸で例の陳列室のガラスケースに収納するまでにひと悶着あって、ここもシンプルな音響演出が効果絶大。さらに、擬古的な粗っぽいローリングタイトルでメインタイトルがせり上がると、劇場で拍手が起こらないのが不思議なくらいの見事な決まり方。ここは素直に拍手でしょう!
■その後はウォーレン夫妻の娘ジュディの誕生会におともだちがきてくれるかなあという布石を振っておいて、父親を事故で亡くしたシッターの女の子がアナベルのケースを開けたことから起こる一夜の恐怖を妖怪大戦争風(?)ににぎやかに描く。正直なところ、アヴァンタイトルで飛ばし過ぎで、その後に陳列室の呪物たちの怪奇現象をどしどし描いたところで、どうしても一本調子に見えてしまう。そこがゲイリー・ドーベルマンのこれまでの脚本上でも明らかな弱点で、要するに、ドラマにサスペンスを盛り込むのが何故か下手なのだ。だから、中盤はかなり退屈。いろんな怪異が起こるのにだよ!
■それでも終盤にはとっておきの趣向を用意していて、それは玄人筋も唸らせるアイディアなので、ああ、今回はこれがやりたかったのねと素直に納得する。いかにも見事な怪奇趣味だし、シネフィルたらしだよね。あの冗長な『死霊館のシスター』も同様に最後だけはだれしも納得できる決着の付け方を用意していたので、ゲイリー・ドーベルマンは頭とおしりが呼応していれば映画の構成は大丈夫という哲学を持っているに違いない。だから中盤はサスペンスよりも、どしどしショックシーンとナイトウォークのシーンを詰め込んでおけという作風になる。だから同じような場面の連続になって冗長になる。違うと思うんだけどねえ。やっぱり基本はサスペンスでお話を駆動しないとだめですよ。
■そしてなんといっても本作の美点は『死霊館』本線ラインではないのに、ちゃんとウォーレン夫妻が登場することで、それだけで映画の格が上がるし、一気に説得力が増す。というか、ウォーレン夫妻のおのろけ話がないと『死霊館』じゃないからね。本作でも「俺にとって君はいつも”英雄”さ」とか「わたしも若い頃、彼氏と一緒に家を出たことがあるの。それが今の旦那よ」とか、どんだけ仲いいのかという「夫婦映画」なのだ。ああ満足。そして、お馴染みジョセフ・ビシャラの恐怖音楽も相変わらず工夫がいっぱいで音楽的に聴きごたえがあるし、60~70年代テイストのエンドタイトルも楽しくて素敵なので、ぜひ映画館で観よう!

予告編

映画美術ファン垂涎、眼福の書『シネマの画帖 映画美術監督 西岡善信の仕事と人々』

■以前から気になっていた淡交社のムック本『シネマの画帖 映画美術監督西岡善信の仕事と人々』の新古本古書店にお安く出ていたので買ってしまった。収蔵スペースの関係上あまり蔵書は増やしたくないのだが、これは図書館で借りて読むのではなく、手元に保有しておきたい本だったのだ。

シネマの画帖―映画美術監督西岡善信の仕事と人々

シネマの画帖―映画美術監督西岡善信の仕事と人々

大映京都の西岡善信の仕事といえば、既に以下の書籍があり、これも所有している。
映画美術とは何か―美術監督・西岡善信と巨匠たちとの仕事

映画美術とは何か―美術監督・西岡善信と巨匠たちとの仕事

さらにちょっと怪しいこんな本もあって、これは図書館で借りて読んだ。それくらいで十分。という状況だが、西岡善信の実際の美術デザインが非常に綺麗に複写されて大きく美しく印刷されているというところに本書の存在意義があり、上記の書籍よりも見ていて楽しい。

■とにかく日本映画界が景気良かった時代の実物大セットは豪壮なもので、『地獄門』とか『朱雀門』(未見)とか『新源氏物語』とかいくつもあるんだけど、そのデザイン画を見るだけでホントにうっとりとして、晩酌が進んでしまう。東映京都で撮った『長崎ぶらぶら節』は特撮研究所が本格的に絡んだ映画だが、これは結構な大作で、美術も見事だったので、デザイン画はうれしい限り。監督の深町幸男もデザインスケッチを見て「これができると最高だけど、あくまで理想形ですね」と言っていたら、東映京都のステージに実際にそのとおりにセットが出来上がっていて感心したとか、実にいいエピソードですね!

■個人的に感激したのは森一生の知る人ぞ知る傑作『怪談蚊喰鳥』の墓地のオープンセットのデザインで、まったくデザイン画通りに作られて撮られている。しかも、映画だけ見ていると、これがオープンセットだと気づく人はほぼいない。単純に近所の実際の墓地でロケしてきたと思ってしまうリアルな美術装置なのだ。映画自体は小品なのに、ここまで美術に余裕があるというのは、この時代ならではの贅沢。墓石は実際の無縁墓を借りてきて使っているという豪気さも、いかにも当時の映画界の鷹揚さだ。

■海外との合作映画についても裏話があって、コーエン兄弟の『白い海へ』はブラッド・ピット高倉健が共演予定だった有名作だが、9・11テロの影響で中止となっている。ロジャー・ディーキンスが撮影監督だったので、ほんとに惜しいことだ。きっと敬愛する宮川一夫みたいな照明で撮ったはずだよ。

参考

maricozy.hatenablog.jp
思い出した。図書館で借りて読んでいたのだった。
maricozy.hatenablog.jp
大映京都の映画美術でもう一人の巨匠が内藤昭。大魔神のデザインもこの人の手による。この本のほうが先に出ているが、映画美術に関するとびきりの名著。でも、現在は入手不能なようだ。

映画美術の情念

映画美術の情念

maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

プア・オーディオ試聴記録=プリ・メインアンプ DENON PMA-600NE

■伝統のDENONの入門用プリメインアンプのPMA-390シリーズが更改されたんですね。随分息の長いシリーズで、以前にPMA-
390SEを使っていたこともあり、安価にも関わらず素性の良いことはよく知っているんだけど、ついに無くなってしまうんですね。寂しい。
■でも、PMA-600NEシリーズに転生すると思えば、まあ平気ですよね。ということで、ヨドバシに行ってみると現物が置いてあったですよ。せっかくなので、他のアンプと切り替えてちょっと聴き比べてみた。CDはノラ・ジョーンズだったので、オーケストラはどう鳴るか知りませんけどね。スピーカーはケンブリッジオーディオのAEROMAX2というやつで、こちらもどんな特性のスピーカーなのか知らないのだ。

■聞いてみると正直PMA-600NEで何の不足も無い感じ。普通に聞いてるとおかしなところは何も無い。これをPMA-SX11に切り替えると、やっと違いが分かる。PMA-600NEの方がボーカルが強く前に出ている。元気でクリアなので聞く音楽によっては良いと思う。ただ伴奏とボーカルが分離して聞こえる感じがある。反対にPMA-SX11はボーカルが伴奏と一体化して馴染んでいる感じ。音が全体にウェットでシックな感じで、伴奏との混じり方が、本来の聞かせたい音像だろうと気付く。全体に音素が上品にきめ細かく聞こえる。だいたいエントリーグレードのアンプは元気いっぱい鳴らす(ただ低音は制動できない)という特徴があると思うが、PMA-600NEもその例外ではないようだ。しかし、PMA-SX11というアンプもあまり聞いたことが無いので、十分に特徴を掴むところまではいってない。■あと残念なのはPMA-600NEにはスピーカーの切り替え機能がついていないこと。PMA-390シリーズにはあったのだ。DENONでこの機能が欲しければ、PMA-800NEを買う必要がある。しかも、この機種以外はスピーカー切り替え機能は付いていないのだ。まあ、音質的に考えれば邪道な機能ではあるけど、なにしろとても便利な機能なので個人的には是非欲しいところだ。■なので、DENONのエントリーグレードのプリメインアンプを試しに使ってみようと思うと、PMA-800NEを買うことになりそうだな。なにしろDENONのアンプは機能の割に割安なので、ちょっと試しに買って使ってみようかという気になる。中古でも玉がよく出るし、売る時も値が付きやすいし、試しにちょっと、という購買が可能なのは楽しいことだ。今使っている30年選手の中古アンプを一時的にDENONの最新型に買い替えて、その次にラックスマンあたりを狙って観たいなあと妄想している。