『スカイスクレイパー』の主役はロック様でなくザ・パールだった!

基本情報

SKYSCRAPER ★★★
2018 スコープサイズ 102分 @Tジョイ京都

感想

■香港に建造された超高層ビル、ザ・パールで火災が発生した。家族を救出するためにビルの保安監査担当者のロック様は、炎上中のザ・パールに潜入するために警官隊を振り払い・・・
■『タワーリング・インフェルノ』と『ダイ・ハード』を足して二で割ったという意味では新鮮味はあまりない映画で、ドウェイン・ジョンソンも義足のヒーローに挑んで新境地を探るものの、中盤からはすっかりいつもの超人ぶりなのであまり有効に機能していない。脚本と監督はローソン・マーシャル・サーバーという人で、コメディ映画でロック様と組んでいたようだ。その割に本作は笑いが少ないのが残念だなあ。
■ただ、ILMが手掛けたザ・タワーのVFXが絶品で、特に炎のCGについては凄いリアリティ。この近未来的なハイテクビルのデザインや造形がこの映画の一番の楽しみで、奇抜な建築をちゃんとアクションとサスペンスの見せ場に生かしているから偉い。特に本作は立体映画としての見栄えを重視した画づくりになっているので、3Dで観るのが正解だろう。レジェンダリーピクチャーズの製作だが、親会社が中国企業なので、メインターゲットは中国市場となっているようだ。そこのところの事情は『MEG』と同様だが、ほんとにハリウッドの超大作は中国市場向けという構図がすっかり定着しているようだ。
■前半でいろいろと布石を打っておいて終盤の見せ場で拾ってゆく正攻法のスタイルだけど、これは「布石」というやつで、「伏線」とは違いますから、誤用には注意しましょう。スマホの再起動のエピソードなんてまさに、クライマックスへの「布石」であって、「伏線」ではありませんよ。何にも伏せてないですからね。
■正直なところロック様の動機が家族を救いたいというそのだけなので、キャラクターとしての魅力には乏しい。ロック様にはもっと野蛮な役柄をお願いしたいなあ。このところファミリー映画の出演が多いので、たまには『ファースター 怒りの銃弾』とか『ヘラクレス』みたいな汗臭い埃臭いやつをお願いしたいなあ。
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

スカイスクレイパー

スカイスクレイパー

騙されたと思って『若おかみは小学生!』を劇場で観るべき、たった1つの理由

f:id:maricozy:20180924003413j:plain

基本情報

若おかみは小学生! ★★★☆
2018 ヴィスタサイズ 94分 @Tジョイ京都
原作:令丈ヒロ子 、 亜沙美 脚本:吉田玲子 美術設定:矢内京子 作画監督:廣田俊輔 音楽:鈴木慶一 監督:高坂希太郎

感想

■いかにもブログの記事にありそうなタイトルで煽ってみましたが、めんどくさいからその理由はあっさりと明かしますよ。かなり良くできたクオリティの高い良質なアニメ映画だからですよ。絵コンテと監督を兼ねるのが高坂希太郎という人で、もともとはジブリの人ですが、宮崎駿高畑勲の呪縛からいい具合に距離を置いていて、ポストジブリの最右翼といって過言ではないでしょう。しかも、マッドハウスの制作なので、アニメのクオリティが非常に高い。以上、タイトルに関する説明は終わり。
■さて、突然の交通事故で両親を亡くした小学生が祖母の経営する温泉旅館に引き取られ、若女将として修業しながら成長してゆく様子を季節の移り変わりの中で丁寧に描くというお話で、しかも、交通事故の影響なのか、幽霊や妖怪が見えてしまう特異体質になって、彼らの助けを借りながら、女将修行や人間関係を乗り切ってゆくというファンタジーでもある。さらに、突然の交通事故で自分だけが生き残ってしまったために両親の死が腑に落ちない状態が続き、幽霊たちが見えるのと同じ感覚で、両親との生活がまだ続いているように幻視してしまうという中途半端な状態でもある。そんな非常に複雑な状態に置かれた小学生の女の子を描くという、相当無理難題な映画である。
■ところが、ベテランの吉田玲子がこれを脚本で綺麗に捌くし、監督の高坂希太郎がアニメらしい感情表現を丁寧に描き、大人にもするりと腑に落ちる話に仕立て上げた。これだけ盛りだくさんのキャラクターや特異な状況設定を万遍なく盛り込みながら、ヒロインおっこの「喪の作業」というかなり難易度の高いテーマ設定にブレを生じず、むしろ大人の心に響く映画になっている。両親の死が納得できていない主人公が両親の死を真に受け入れて、友達たちとの現実世界に着地するクライマックスは感動的で、常に前向きで溌溂としたおっこという小学生の女の子が魅力的だ。温泉旅館のライバルとして登場する”ピンふり”(ピンクのふりふり!)との対立と理解のプロセスも、定石通りながらよく描けている。”ピンふり”の振り切れたキャラクターも楽しくて秀逸。
■旅館に訪れる様々なユニークな客たちがこのシリーズのバリエーションだが、謎の女占い師グローリー水領にはさすがに魂消たけどね。突然違う映画が始まったかのような異様な登場で、どうなることかと思ったが、実は重要な役柄で、おっこを外に向けて開いてゆく。失恋を花の湯温泉によって癒された大人の女が少女を変えてゆく。明らかに性的な意図を持った場面となっている。
■ライバル”ピンふり”との和解と調和、そして生と死の曖昧なせめぎあいの中に躊躇していたおっこが厳しい現実と折り合いを見つけ出してゆくクライマックスは、やはり感動的だし、アニメ技術的にも非常に気持ちいい。ただ、おっこが明るく元気な女の子なもので、現実の「厳しさ」の部分が弱いのが玉に瑕かもしれない。

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)

※これは、ほとんど脚本そのものですよ!当たり前か。

『MEG ザ・モンスター』ドンと来い!返り討ちだぜ、メガロドン!

基本情報

The Meg ★★★
2019 スコープサイズ 113分 @Tジョイ京都(SC7)

感想

■地球の最深部と呼ばれるマリアナ海溝の底は地面ではなく、硫化水素の雲に過ぎなかった。その雲を突っ切ると真の深海底が眼前に。だが、そこに棲むのは絶滅したはずのメガロドンだった。襲撃され遭難した深海潜水艇を救出するために、海難救助のプロが召集される。われらがステイサム、その人である。。。
■シンプルな三幕構成のお話で、第一幕がオイルリグみたいな上海沖の海洋研究所の海面下で起こるサスペンス溢れる海洋科学活劇。この部分が非常に上出来で、映画一本分の興奮と近未来管とギミックに溢れている。タイで呑んだくれた生活を送るステイサムが海難事故に担ぎだされるあたりも、現地の子供たちに人気のステイサムの表情を見ているだけで癒されるし、深海底に取り残された元妻を救出に向かうさまも頼もしい。深海底の描写はもちろんCGで、少々暗過ぎて深海底のディテールが見えないのが残念だが、その方がリアルですね。とにかく畳みかける急テンポな展開がゾクゾクするし、マシ・オカの泣かせる退場まで息を継ぐ間もない。
■それに比べると、第二幕と第三幕はちょっとありきたりで、主に海上メガロドンとステイサムの知恵比べ、体力比べとなる。第二幕はステイサムがメガロドンにぶん回されるが、まるで平気だね!という力比べの場。メガロドンが実は、というツイストもあり。
■第三部はいかにメガロドンにとどめを刺すかを、潜水艇のアクションで描き出すから、ステイサムはほぼコックピット内での演技ですよ。でも、最後の最後は『白鯨』もかくやの一騎打ちを見せてくれる。
■『日本沈没』を想起させるビジュアルや怪獣映画らしいサスペンスを生かした第一幕はほぼ文句なしの傑作で★4つくらいで問題ないのだが、後半が随分拡散してしまう。海水浴場の謎の小太りのガキとか、謎の小型犬とか、中国市場を意識したものなのか、夾雑物にしか感じられない。
■実はステイサムと同格くらいにリー・ビンビンが活躍し、元妻との三角関係でやきもきさせるのかと思いきや、元妻はあっさりと祝福しちゃうので拍子抜け。その娘が子供視点を提供して、それは悪くないのだが、子役が可愛くないし、演技が臭い。せっかくステイサムと子供という癒される構図なのだが、どうもなあ。
■正直、ステイサム映画としては食い足りないですよ。でも、第一幕の潜水艇コクピット内での活躍なども、実は非常に決まっていてカッコいいので、第一幕はエンドレスで繰り返し観たい気がする。リービンビンも美形なので、コックピットが似合うこと似合うこと。
■しかも、撮影監督はなぜかイーストウッド映画の巨匠トム・スターン。前作『15時17分、パリ行き』なども、あまり映像的に、照明的に凝った作風は超越して、何気ない、癖のないルックを志向しているようなので、こうした映画にも興味を持ったのではないか。
■しかし、探査チームが硫化水素の雲を破ったから深海底からメガロドンが出てきたはずなのに、冒頭の原子力潜水艇の事故で既に出現してるのは何故だろう??

MEG ザ・モンスター (角川文庫)

MEG ザ・モンスター (角川文庫)

NHKスペシャル 未解決事件「File.07 警察庁長官狙撃事件 容疑者Nと刑事の15年」

■原案:原雄一、音楽:川井憲次、脚本、演出:黒崎博

■黒崎博は『火の魚』でいっぱい賞を撮った人ですね。あの秀作『逃げる女』を中島由貴と撮った人でもある。さすがに受賞歴多数のキャリアにふさわしい企みに満ちた実録再現ドラマ。先週放送されたドキュメンタリーはあまり新しい情報が無く、既読の印象だったが、実録ドラマはちょっと気合の入り方が違う。

■中村泰という老革命家(スナイパー)の人物像をイッセー尾形が自由に発想して演じ上げるのだが、まあ、これほどユニークな演技は最近みたことが無い。そもそも中村泰という実在の囚人の人生が破天荒にも程がある、考え得るリアリティを完全に超越した人生なので、それをストレートに演じるだけでも十分不自然なのだが、イッセー尾形は独自の演技哲学に沿って、一見小手先の怪演に見えかねない演技プランを提示してくる。しかし、それが国村隼の抑えた演技と溶け合って、非常にリアルな実在感を放つ。国村隼が中村本人と共演しているかのようなリアリティだ。このイッセー尾形の希有の演技は演技教室の教材に使えるはずだ。安易にまねできるメソッドではないけどね。まあ、ホントに凄いからみなさん、ぜったい観た方がいいよ。今年のすべての映像作品中でも特筆すべき事件ですよ。

警察庁長官狙撃事件の多分真犯人ながら、オウム真理教の犯罪にしてしまいたい公安部との確執でその存在が有耶無耶にされてしまうという皮肉な構図のドラマ、というよりも、やっぱり人間・中村泰の不思議さが深く感動的な、異色作。黒崎博、確かにただ者ではないな。

宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年

宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年

警察庁長官を撃った男 (新潮文庫)

警察庁長官を撃った男 (新潮文庫)

dele/ディーリー 第7話

f:id:maricozy:20180902221847j:plain
■dele/ディーリーの第7話。脚本:徳永富彦、監督:常廣丈太です。和歌山毒入りカレー事件をモチーフに、犯人として死刑判決を受けた男が真犯人なのかという謎解きを進めるうち、街の住人すべてが疑わしくなってくる…という「藪の中」みたいなドラマ。批評性に富んだ意欲作です。真犯人は本当に街のなかにいるのか、それとも。当然のように、後味の悪い不気味な余韻を残して終わる。ゲストは塚本晋也Mummy-D仁村紗和で、クノ真季子も出てたよ。

■超能力者の幽霊がお辞儀とかする第4話、柴咲コウがゲストで登場する秀作の第5話、金城一紀の脚本なのでアクションシーンに謎のこだわりを見せた第6話と、なかなかレベルの高いシリーズですよ。メイン監督は常廣丈太で、ゲスト監督が瀧本智行ということか。次回で最終回とは短すぎるなあ。

※ドラマ版は原作の設定、フォーマットを借りて、脚本家が自由にオリジナル作を書いたということでしょうか。

dele (角川文庫)

dele (角川文庫)

dele2 (角川文庫)

dele2 (角川文庫)

『セトウツミ』確かに放課後の暇つぶしの駄話は人生最良の一瞬であった、かもしれない。

セトウツミ

セトウツミ

基本情報

セトウツミ ★★★
2016 ヴィスタサイズ 75分 @APV
原作■此元和津也、脚色■宮崎大、大森立嗣、撮影■高木風太、照明■秋山恵二郎、音楽■平本正宏、VFX■田中貴志 監督■大森立嗣

感想

■確かに、放課後の暇つぶしの無駄話はなんというか、何もない青春のなかの、さらに真空地帯として、考えようによっては無垢な愉しさを放っていたなあ、という感慨はさておき(!)、おじさんはこの超低予算映画の製作費が気になって仕方ありませんよ。『カメラを止めるな!』が300万円映画として驚愕をもたらしたわけだが、本作はもっと安いのでは?主演の二人のギャラは少々高そうだが、そのほかの要素は極めて安くあがりそうなのだ。なにしろ、基本的に川辺で二人がだべっているだけの映画だから!技術スタッフも若手中心っぽいし。
長編映画だけど、原作漫画に忠実にエピソードの羅列として構成されていて、個々のエピソードはコントになっていて、脱力気味のオチが付く。まあ、だいたい鈴木卓爾が出てくる時点で、そういうオフビートな映画ですよ。
第一話 セトとウツミ
第二話 アメとムチ
第三話 イカクとギタイ
第0話 内海想の出会い
第四話 先祖と子孫
第五話 瀬戸小吉の憂鬱
第七話 出会いと別れ
エピローグ 樫村一期の想い
といった具合で、いかにも、お笑い好きの若者むけの漫画であり、映画化企画ではあるが、池松壮亮菅田将暉という若手実力派の豪華(?)共演は見応えもある。原作漫画はこのあと完結したらしいので、第二弾があるのだろうか。

※原作コミックのセットですね。

セトウツミ コミック 全8巻セット

セトウツミ コミック 全8巻セット

※テレビドラマ版もあるのですよ。未見。

『東京家族』の橋爪功は生気満々、笠智衆と違ってまだまだ死にそうにないのだ

東京家族

東京家族

基本情報

東京家族 ★★★☆
2013 ヴィスタサイズ 146分 @APV
脚本■山田洋次平松恵美子 撮影■近森眞史 照明■渡邊孝一 美術■出川三男 音楽■久石譲 監督■山田洋次

感想

■本来は2年前に公開される予定だったが、東日本大震災の発生を受けてクランクインを延期、主演俳優も入れ替えて、脚本を改定して臨んだ山田洋次の意欲作。小津の『東京物語』を現代にリメイクするという企画だが、映像スタイルの模倣はあるものの、やっぱり山田洋次の我田引水という感じになる。でも、それが配役のアンサンブルもあって、かなり高いレベルで娯楽映画に結実している。小津的な深みとは無縁なところで、生気満々たる『東京物語』となっている。
■その主因は笠智衆のポジションの橋爪功。確かに橋爪功は年齢的には老齢だけど、あのがっちしたガタイを見なさいよ、まだまだ死の気配とか人生の秋といった風情とは無縁の生命力に満ちているじゃないか。そのなんというか生命力と明朗さがこの映画の主調となっていて、人生観の深みとか人生観照的な老境の思索とは縁遠い楽しい映画になっている。確かに、この座組を踏襲して『家族はつらいよ』がシリーズ化するわけだと感じる。ちっとも恬淡としていない橋爪功のエネルギッシュな老人の姿は、『東京物語』との大きな対比を形作る。そうなってくると吉行和子が68歳で突然死するという設定も、本来は見直すべきではなかったかという気もしてくる。そうした反省とやり残し感が『家族はつらいよ』を生んだのではないか。
■台詞のなかに唐突に「この時代」とか「この国」とか「災害ボランティア」とかが出てくるのが、東日本大震災を受けた脚本の改定によるものだろうが、あまりにも唐突な印象だし、とって付けたようにしか感じられない。そのあたりが本作の評価を微妙なものにするだろうが、まあ許容範囲内ではないか。
■とにかく配役の妙と古典的な楷書で書いたような映画ならではの演技については、見ているだけでしみじみと楽しい。中嶋朋子が見た目にふさわしいシャープな口跡と演技で惚れ惚れする上手さで、いいもん観たわという満足感をもたらしてくれるし、林家正蔵がこれまた異様に上手いので舌を巻く。配役の妙で天然の持ち味でもあるが、脇役俳優としては満点という変な味を出しまくる。林家正蔵だけ日本映画黄金期の名脇役って感じで、逆に違和感を感じるほどだ。