デンジャラス・ビューティー ★★★

Miss Congeniality
2000 ヴィスタサイズ109分
DVD

デンジャラス・ビューティー (字幕版)
■なんとなく昔観た気でいたのだが、初見だったという。ウェルメイドなコメディで、下ネタが基本的にないので、安心して観ていられる。マイケル・ケインがオカマネタでくすくす笑わしてくれるけど、全てに嫌味がなく、爽やかに感動させてくれるから貴重。最近こういう普通の映画が無いですよね。しかも、ミスコンを馬鹿にして潜入捜査するヒロインが偏見を乗り越えてミスコンの参加者たちと心通わせて行くといういい話。
サンドラ・ブロックという人はどうも色気がない人で、そこがさばさばしてて気持ち良い。確かに脚線美はあるけど、色っぽいなよなよしたシナなんか絶対作らないという気概が感じられる。というか、それが素なんだろうな。クライマックスのミスコン大会のシーンでは、色々起こってあたふたする彼女のリアクションの、多分アドリブ的な、仕草が悉く少女のようで可愛いからニコニコしちゃうね。
■DVDではオーディオコメンタリーでサンドラ・ブロックが登場するのだが、脚本家相手に全く役にたたないどうでもいいような軽口みたいなコメントばかりでバカバカしいのがいかにも可笑しい。しかも、劇中同様にやたらとフガフガ鼻を鳴らす。本作の役柄は彼女の地だったのか?オソロシヤ。