待ち伏せ★★★☆

待ち伏せ [DVD]

待ち伏せ [DVD]

  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

待ち伏せ
1970 スコープサイズ 117分
BS2録画
脚本■藤木弓高岩肇小国英雄宮川一郎
撮影■山田一夫 照明■佐藤幸郎
美術■植田 寛 音楽■佐藤 勝
監督■稲垣 浩


 峠の茶屋で何かが起きるのを待てという条件で雇われた浪人(三船敏郎)は、茶屋で怪我した役人(中村錦之助)、旅烏(石原裕次郎)、怪しげな医者(勝新太郎)と出会う。役人が捉えた男を引き取りに来た役人が偽者であることを見破ったとき、彼らは陰謀の渦中にあることを知る・・・
 三船、錦之助裕次郎勝新、ルリ子が競演する時代劇大作だが、昭和45年という時代からうかがえるとおり、舞台を限定した比較的低予算な映画である。それでも茶屋の周囲は見事なセットが組まれ、貧乏臭さとは無縁だ。稲垣浩の往年とかわらないゆったりとした語り口も健在だが、三隅研次なら確実に90分で納まる話ではある。
 結局のところ三船と勝新の対立に収束してゆく物語なのだが、アクション映画らしいひねりが効いて、十分に面白い。最後に振り返れば、その陰謀の回りくどいやり方に無理があることに気づくが、それは言うだけ野暮というものだろう。
 小役人を捻って演じる錦之助役不足だし、渡世人を演じて浮きまくる裕次郎はご愛嬌といったところ。
 なんといっても、座頭市の坊主頭と正反対に長髪の勝新がむやみにかっこよく、たしかにこれなら医師崩れに見える。「座頭市と用心棒」の消化不良はここでも解消されないが、腹の探り合いの演技合戦は見ごたえがある。ここでの勝新は演技賞に値する。
 ただ、終わってしまえば、三船プロの「荒野の素浪人」シリーズのパイロット版ではないかという気がしてしまうのだが。

maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp