お願いお姉さん、ボクをいたぶらないで…『その人は遠く』

基本情報

その人は遠く ★★★
1963 スコープサイズ(モノクロ) 83分 
企画:大塚和 原作:藤原審爾 脚本:金子担、青山民雄 撮影:姫田真左久 照明:岩木保夫 美術:中村公彦 音楽:西山登 監督:堀池清

感想

■遠い親戚の綺麗なお姉さん(芦川いづみ)と暮らすことになった高校3年生の主人公(山内賢)。だが、お姉さんは大阪の大学教授(井上昭文)のもとへ縁付いてしまう。大阪の夫婦の家を訪れるとすっかり浪花風のおかみさんに変貌した姿に一抹の失望を覚えるが。。。

山内賢主演のほろ苦くも爽やかな青春映画。前半は夢のように綺麗なお姉さん、芦川いづみに対する思慕、後半は交通事故で偶然であったブルジョア娘、和泉雅子とのロマンスが描かれ、インチキ臭い大学教授の夫を喪ったお姉さんは新しい人生に爽やかに旅立つ、というお話。

■大阪といっても多分南部の大学の、とても大学教授には見えない井上昭文の家でガラの悪い学生たちと鍋を囲む、バンカラな感じのにぎやかな場面が、なかなか出色で、いかにもお嬢さん風の芦川いづみ大阪弁で立居振舞う様子が素晴らしい。それまでの山内賢中産階級の小さな世界から、一気にリアルな庶民風の生活への転調が、何よりも雄弁に彼の心理的衝撃を描き出す。

■ちなみに、脚本の青山民雄はプロデューサーの大塚和のペンネームなので、メイン脚本の金子担という人も劇団民藝付近の人だろうな。
www.nikkatsu.com

参考

プロデューサーの大塚和は藤原審爾の原作モノも得意ジャンルだったのだ。
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
これは大映京都の有名作ですね。これもなかなかの傑作ですよ。
maricozy.hatenablog.jp





 

Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.