ウルトラヴァイオレット ★★

Ultraviolet
2006 ヴィスタサイズ 87分
DVD

■底抜けガラクタ映画の好見本として殿堂級の有名作だが、久しぶりにガンカタが観たくなって借りてきた。が、改めてもの凄い底抜けぶりだなあ。シネアルタの出始めなので、ディテールが潰れまくっているし、何から何まで変。脚本はほとんど粗筋しかないし、撮影もVFXも何じゃこれ?状態。肝心のガンカタもカンフーを取り込みすぎて変質してしまった。実質的には香港映画で、香港スタッフで撮ったもんで、香港の流儀で脚本を作らなかったのではないか。

■とはいえ、これ決してガラクタとも言い切れないのは、ミラ・ジョボビッチのルックスとコスプレが夢のようにカッコいい点に尽きる。とにかく決めポーズが決まりすぎるので、もうドラマも設定もすべてが訳わからん混沌のなかで、ミラ・ジョボだけが燦然と輝いて見える。すべてがミラ・ジョボに奉仕している。映画全体を奴隷に従えたミラ・ジョボの女王様ぶりだけが屹立した異形の映画。
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

© 1998-2023 まり☆こうじ