今度はBTTF2なのだ!『ハッピー・デス・デイ 2U』

https://eiga.com/movie/90366/gallery/5/

基本情報

Happy Death Day 2U ★★★
2019 スコープサイズ 100分 @DVD

感想

■年を越した個人的ブラムハウス祭り、正月から見るブラムハウス映画は楽しいね。好評だった前作を受けてさっそくシリーズ化を狙った第2作目。前作は『恋はデジャブ』だったが、こんどは堂々と『BTTF2』を宣言する。実に正直で良いですね。
■本作から完全にお気楽SF映画として再構成し、永遠の一日が続くのは大学生の実験装置が多元宇宙を生み出したからという理屈で、また永遠ループに落ち込んだヒロインが、実はその世界は元の世界の巻き戻しではなく、似ているけどちょっと違った次元の世界で、この世界では生き別れた母親が死んでいないことを知り、この世界に留まるのか、元の次元に戻るのかを悩んで最終的に選択するというお話になっている。いろいろなギミックや小技を詰め込み過ぎで、さすがに途中から飽きてくるけど、お話の基本的な構成はしっかりしているので、安心して観ていられる。
■当然というか、母親の生きている世界では殺人鬼の正体も異なり、前作で不採用となったラストの趣向もここで生かされるから、DVDとかの特典映像をちゃんと観てくれた人にはちょっとしたサービスがあるのだ。ホントにサービス上手なスタッフですよ。本作は監督のクリストファー・ランドンが脚本も書いていて、かなり大風呂敷を広げてしまったので、第三作はたぶんもっと世界観が拡大して世界的な大事件を起こしそうな気がする。ただ、そうなるとブラムハウスの低予算ではカバーできないから、やっぱり大学内事件で終始するのかな。