世にも不思議な物語 Vol.2

  • 「妻の幻影」(#6 Epilogue)もよくあるタイプのお話だが、教科書的によくできた脚本構成。オチも決まって、ありきたりながら爽快感がある。快作。
  • 「子供部屋の友達」(#9 The Dead Part of the House)はよくあるパターンのお話だが、気持ちよく作られたファンタジー。霊的な存在が仲立ちして、最終的にぎくしゃくしていた父親と娘が和解するとてもいいお話。直接的な怪異描写はなく、台詞で間接的に表現される。でも、それで十分な満足感がある。
Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.