実録外伝 大阪電撃作戦 ★★★

実録外伝 大阪電撃作戦 [DVD]
実録外伝 大阪電撃作戦
1976 スコープサイズ 92分
DVD
脚本■高田宏治
撮影■増田敏雄 照明■北口光三郎
美術■佐野義和 音楽■津島利章
監督■中島貞夫

■昭和35年の大阪、在日コリアンたちの愚連隊から発展した明友会が山口組の不興を買って人間狩りの標的となった明友会事件を映画化した意欲作。在日コリアンたちが中核をなす明友会事件を取り上げるあたりが、いかにも中島貞夫
■しかし、主役の松方弘樹は日本名なので在日としては設定されていないようで、渡瀬恒彦と意気投合して、最期まで山口組(映画では川田組)に牙を剥く反逆児を演じる。室田日出男志賀勝、大前均、川谷拓三らは在日コリアンの設定で、室田だけがところどころアクセントが片言風というのが中途半端ながら、まあ東映らしいところ。
■ラストの手打ち式(史実では箕面観光ホテルらしい)での松方弘樹成田三樹夫への反撃と、ラストの小瓶に入った断指が東映ならではの強烈なテーマの打ち出し方だが、深作+笠原に比べると、表現が妙に醒めている気がする。そこはやはり高田宏治の個性なのだろう。笠原和夫は、戦後のやくざ戦争に、太平洋戦争中に国の犠牲となって死んだ若者たちの姿をダブらせているだろうが、高田宏治はやはり捉え方が異なるようだ。そして、中島貞夫には、さらに日本におけるマイノリティの存在という興味事項があり、重層的なテーマが設定されているのだが、正直、映画としての熱量は、それほど高くは無いと思う。
■しかし、考えてみると、この映画の2年後に「宇宙からのメッセージ」が公開されているのだから、なんだかもう凄いところですよ、東映は。