婚期 ★★★

婚期
1961 スコープサイズ 99分
京都駅ビルシネマ
脚本■水木洋子
撮影■宮川一夫 照明■伊藤幸夫
美術■間野重雄 音楽■池野成 
監督■吉村公三郎

大映の女性文芸大作なのだが、実際のところ、ドラマらしいドラマは無く、行き遅れ気味の若尾文子野添ひとみの姉妹が同居する兄嫁に向かって悪態をつきまくるだけで何も解決しないし、カタルシスも無いという、ある意味凄いドラマ。ちっとも文芸作らしくないのも、水木洋子の狙いなのだろう。喜劇的ではあるが、若尾と野添の撒き散らす毒がトゲトゲすぎて笑えないほど。

■正直水木洋子の脚本は生理的にリズム感の波長が合わず苦手なのだが、本作も同様。同じような話でも井手俊郎とか笠原良三が書いていれば、もっと面白いだろうに、という気がしてしまう。同時期に東宝でも女優総出演の女性文芸大作を作っており、成瀬巳喜男が超絶技巧でさばいて見せていたのだが、そうした諸作に比べるとかなり見劣りする。

■撮影は宮川一夫だが、正直あまり見るべきところがない。照明は異様にベタベタで女優や衣装は綺麗に撮れているが、それだけという印象。先の「古都憂愁姉いもうと」の撮影に比べると、物の数ではない。京マチ子を俯瞰移動で捉えたカットなどいかにも宮川一夫らしい部分もあるが、全体にあまりやる気を感じられない。

■大体、ドラマのクライマックスが中條静雄のハゲ(特殊メイク)っぷりというふざけた構成で、しかも船越英二が延々とハゲねたで引っ張るというものすごい下らなさ。まあ、笑うんですけど、水木洋子、喜劇を作るのに、何を考えていたのか。

Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.