怪談牡丹燈籠 ★★☆

怪談牡丹燈籠
芸術劇場 NHK教育
2009年 Bunkamuraシアターコクーン
作■大西信行 美術■二村周作 照明■原田保 演出■いのうえひでのり
出演■段田安則伊藤蘭秋山菜津子千葉哲也、梅沢昌代、瑛太柴本幸

大西信行文学座のために書いた戯曲を再生したものらしい。なので、前にMOVIX京都で見たシネマ歌舞伎版「怪談牡丹燈籠」と同じ内容だ。その演出の差異や演技的な表現力の違いに興味が沸く訳だが、正直なところかなり苦しい。玉三郎も決して上出来ではなかったが、戯曲の目指すものを辛うじて演じていたし、中盤の馬子久蔵の場面など、歌舞伎版では三津五郎が演じて、確実に笑いを誘う見せ場として成功していた。それに比べ、お峰を伊藤蘭が演じた本作は、さすがに格の違いを痛感させられる。杉村春子坂東玉三郎のラインには、さすがに並べないでしょう。いくらなんでも無理ですよ、この配役は。熱演が痛々しいばかり・・・
■伴蔵役の段田安則はさすがに巧者だが、”いのうえ歌舞伎”と呼ばれるらしいいのうえひでのりの演出も、舞台転換などは鮮やかなキレを見せるが、全体になんだかなあという感じだ。伊藤蘭の演技指導がこの舞台の肝だったはずだが、そこに躓くと、取り返しがつかない。どうもシアターコクーンのプロデュース公演は、信用できないなあ。