レディ・イン・ザ・ウォーター ★☆

LADY IN THE WATER
2006 ヴィスタサイズ 110分
DVD

レディ・イン・ザ・ウォーター [DVD]
■シャマランがわがままを通して撮りあげた純粋ファンタジー映画だが、ファンタジー映画の最低限の文法も無視して、「サイン」でも披瀝した自身の宿命論を拡張した、相当独りよがりな映画。得意のサスペンス演出も不発気味で、この世と異世界がせめぎ合う様に、なんの感動もない。中庭にプールのあるアパートという舞台設定は興味深く、プールの底に水の妖精が棲みついているという設定自体は悪くないのだが。
■水の妖精がブライス・ダラス・ハワードというのも微妙に貧乏くさく、世界の指導者に大きな影響を与える本を書くインド人が監督自身というのも、なんのつもりだろう。素直に考えれば、相当な電波君だ。その電波なところが危うい魅力ではあるのだが、心配になってくる。次作の「ハプニング」はこれに比べれば演出の冴えが戻ってきているので、もうしばらくは注目することにしよう。

© 1998-2023 まり☆こうじ