細雪 ★★★

細雪
1959 スコープサイズ 105分
京都駅ビルシネマ
原作■谷崎潤一郎 脚本■八住利雄
撮影■小原譲治 照明■久保田行一
美術■柴田篤二 音楽■大森盛太郎 特殊撮影■築地米三郎
監督■島耕二

細雪 [DVD]

細雪 [DVD]

  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: DVD
■スクリーンで観たのは初めてだが、東京現像所アグファカラーも、上映用プリントはかなり褪色が激しく、独特の渋い色彩感は味わえない。
■時代背景を戦後に移し、物語は末っ子の妙子の行状にフォーカスして、蒔岡家の没落ぶりと戦後娘の自立を並行して描いてゆく。船場の宝石商のバカ息子との恋愛から身分違いの写真家との恋愛にシフトしたと思ったら写真家は急病で死に、しかも写真家は妙子から金を引き出すことが真の狙いだったことが判明、その後、妊娠、死産、バーテンとの恋、と変転してゆく。まあ、コテコテのメロドラマだが、そこに妙子の理解者として雪子が絡んでゆくとことに妙味がある。
■妙子を演じるのは叶順子だが、演技は固い。雪子役の山本富士子は適役で、おっとりした持ち味の良さが自然と滲み出る。京マチ子山茶花究の夫婦というのは、それだけでお腹一杯だ。反則という気さえする。
■大家のバカぼんという川崎敬三は適役だし、1シーンだけ登場する変人役の船越英二も凄い。
■ちなみに、ネットにも載っているキネ旬のあらすじ紹介だが、終盤は大幅に異なる。そもそも蒔岡が藤岡になっているよ。終盤は脚本の推敲の段階で変化した可能性もある。
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp