徳川家康 ★★★☆

徳川家康
1965 スコープサイズ 143分
BSpremium
原作■山岡荘介 脚本■伊藤大輔
撮影■吉田貞次 照明■中山治雄
美術■川島泰三 音楽■伊福部昭
監督■伊藤大輔

■当時の東映では『宮本武蔵』5部作に続く超大作シリーズにしたいなあという目論見があったらしいが、案の定時代劇の任期は凋落傾向で、シリーズ化には至らなかった。でも、老巨匠伊藤大輔はやる気満々で、意外にもかなり面白い。原作ものなので、伊藤大輔の持ち味がどの程度出るかと思いきや、伊藤大輔でしかありえない伊藤大輔節がいたるところで炸裂しているから侮れない映画だ。
■その昔はその部分が時代劇の新風として評価されたわけだが、さすがに老巨匠と化すと、新風ではなく、何故か舞台調になってしまうのだった。(続く)