あれこれ迷って色んな救いを求めてはならない、救いというものは一度切りしかないんだ!文句なしの宗教映画の傑作!『競輪上人行状記』

基本情報

競輪上人行状記 ★★★★
1963 スコープサイズ(モノクロ) 99分 @アマプラ
企画:大塚和 原作:寺内大吉 脚本:大西信行今村昌平 撮影:永塚一栄 照明:三尾三郎 美術:大鶴康弘 音楽:黛敏郎 監督:西村昭五郎

感想

西村昭五郎といえば、日活ロマンポルノの量産監督として有名になりすぎたので、ロマンポルノ転向前の日活映画での仕事がほとんど霞んでしまっているのだが、実は本作が監督デビュー作。興行的に不振だったため、3年間も干されたという伝説が残っているが、本当にそれだけだったのか、ちょっと信じがたい。他に理由があったのではないか。映画の出来がすこぶる素晴らしいからだ。

■主人公の中学教師が、兄の急死で実家の寺を継ぐことになるが、典型的な葬式仏教で、それ以外に金のあてがないから犬の葬式を引き受けて其の肉を近所の焼鳥屋に卸すという闇商売まで手を出す有様に幻滅。寺の再建基金を一気に増やそうと競輪に手を出すと、基金を全部すってしまう。それでも競輪に魅入られた男は。。。

■というお話に、兄嫁の南田洋子とのメロドラマが絡み、さらに家庭環境に恵まれず、行く宛のない少々頭の弱い娘とのエピソードが綯い交ぜにになって非常によくできた脚本。おそらくもう少し長い脚本を切り詰めたと見えて、人間関係の説明が所々飛ぶのだが。ちなみに南田洋子の演技は非常に充実しており、この年『サムライの子』の演技とあわせてブルーリボン助演女優を受賞している。そうそう『サムライの子』でも小沢昭一南田洋子はコンビだったよなあ。ほら、若杉光夫の『サムライの子』って結構重要作品なんですよ。

■映画のイメージとしては完全に今村昌平の映画にそっくり。今村門下生が撮りましたと言われれば、そうでしょうねと感じる。でも、西村昭五郎は直接の師弟関係ではないようだ。頭の弱い娘の近親相姦的なエピソードなど、今平の近親相姦幻想がそのまま反映しているし、そもそも配役が小沢昭一加藤武といった今平組の学友たちが嬉しそぅに快演しているからね。どうしても今平映画に見えてくる。そこも少々損している気がする。

■それにしても小沢昭一がこんなに上手い人だというのは最近発見したことで、そもそも軽演劇の人と思っていたのだが、俳優座出身の正統派新劇人なのだ。いままで東宝映画を中心に見てきたから、喜劇映画での怪演ばかりが印象に残るが、日活映画では堂々の主演を演じきって演技巧者ぶりを見せつける。難しいセリフも滑舌がいいからよく通る。日活のリアリズム路線の顔なのだ。

■撮影は姫田真左久ではなくて、永塚一栄だけど、姫田チームに引けを取らない秀逸なロケ撮影だし、姫田チームほどの力技はないものの、ステージ撮影とのマッチングもなめらかでオーソドックスの仕事。なのでナイトシーンはバッチリ照明を当てます。アマプラの画質はイマイチで、コマ落ち気味の『川っ風野郎たち』よりもずっとキレイだけど、『拳銃は俺のパスポート』のパキパキのリマスターに比べると大分見劣りする。

■なによりも平凡な中学教師が破戒僧になるまでを実に見事な説得力で描いたところに美点があり、世俗的な葬式仏教の批判を通じて主人公が徐々に宗教者として目覚めてゆくプロセスをさらりと描ききっている。並行してギャンブルへの耽溺や性的な執着といった世俗の煩悩を乗り越えるのではなく、ありのままそのままを受け入れながら仏に相対することができるという境地へ至る。それこそが法然の浄土宗の拡大解釈であり、ラストシーンの優れて法然的な説法=競輪上人の場面に結実し、心底感動する。『雁の寺』や『炎上』などの寺映画の系譜であり、真正面から宗教を描いた宗教映画でもある。

■破戒僧のお話で、しかもかなりエロな風俗映画なのに、原作が寺内大吉なので浄土宗の協力を得ているのも凄いね。でもこのあたりが何か差し障りとなって、西村昭五郎は3年間干されたのではないかなあと妄想する。

西村昭五郎は監督作の2作目として『帰ってきた狼』という青春映画の小品も撮っていて、これも良いという噂がある。なにしろ『日本映画発達史』の田中純一郎が佳作と記録しているからね。是非、アマプラで観てみたいなあ。
www.nikkatsu.com

参考

▶いまならアマゾンプライムビデオで見放題ですぞ!絶対、必見!

▶実は姉妹映画がありました。こちらもなかなかの力作で、渡辺美佐子の主演作です!必見!
maricozy.hatenablog.jp
▶よく考えると、こちらも立派な宗教映画で、浄土系仏教の教義解説映画に見えないこともない。
maricozy.hatenablog.jp
▶ついに幻の青春映画『帰ってきた狼』もアマプラに登場!ジュディ・オング、良いよ!
maricozy.hatenablog.jp
▶我ながら小沢昭一の映画はいっぱい観てるなあ。というか出過ぎです。特に『サムライの子』は本人が代表作と自認しているので、必見だけど、アマゾンプライムビデオには入ってません!DVDも未発売です!日活さん、なんとかして!
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp
maricozy.hatenablog.jp

Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.