マーク・ローレンスの洒脱さを堪能した大人の映画『Re:LIFE〜リライフ〜』

Re:LIFE~リライフ~ [DVD]

Re:LIFE~リライフ~ [DVD]

基本情報

The Rewrite ★★★☆
2014 スコープサイズ 107分 @APV

感想

■あの『デンジャラス・ビューティー』シリーズの脚本を書き、『トゥー・ウィークス・ノーティス』を監督したマーク・ローレンスの脚本、監督作なので、はずれのはずがないわけですが、期待通りに軽妙で愉快な快作。
■傑作映画の脚本を書いたが現在はぱっとしない脚本家が田舎大学の脚本コースの教育を担当することになり、出会ったユニークな学生たちに教えられて新たな人生を踏み出す軽薄な中年男を魅力いっぱいに描き出す。もちろん、そこはヒュー・ハドソンですから、単なるセクハラ言動もスマートに見えてしまう。『ラブソングができるまで』『噂のモーガン夫妻』でもコンビを組んでいるので、もう呼吸のあい方は抜群で、とにかく軽妙な演技と軽快な編集で、春の小川のようにサラサラ流れる気持ち良い映画なのだ。
■このサラサラ淀みなく流れる様子は『トゥー・ウィークス・ノーティス』でも顕著だったわけだが、マーク・ローレンスの持ち味で、音楽の構成と編集が抜群の軽み。ああ、久しぶりに映画らしい映画を見たなあと新年そうそう堪能した。
■雨ばかり降る田舎町の子持ちの大学生をわれらのマリサ・トメイが演じて、これまたチャーミングこの上ない演技で、もう好感度二百パーセント。大人どおしの恋もさらりと描くのがマーク・ローレンスの持ち味で、互いにいい大人なので激しく身も心も焼く恋ではなく、容姿云々でもなく、なんとなく考えていることのセンスや波長が合って、言いたいことを遠慮なく軽く言い合える関係って、一期一会の関係で大切だよねというドラマがすんなりと腑に落ちる。そうした大人の男女の人間関係が心地よい。
■舞台となる街がロッド・サーリングの出身地で、トワイライトゾーンのロケにも使われた回転木馬があるというあたりもマニア心をくすぐる趣向で、傑作とされる「過去を求めて」(未見!観たい!)のエピソードが援用されているのも上手くて最高。ただ、終幕のジェーン・オースティンが専門の女教授との和解の部分についてはあまり腑に落ちなかったので、ちょっとご都合主義に見えてしまうのは残念だったなあ。