グレートウォール ★★★★

The Great Wall
2017 スコープサイズ 103分
APV

グレートウォール ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
万里の長城は怪獣の侵入を防ぐ防壁だったという稚気溢れる発想を真正面から活劇として描いた傑作。怪獣に対するフェティシズムは皆無で、正直、怪獣映画ではないが、非常にまっとうな活劇映画になっている。チャン・イーモウ黒沢明へのオマージュも含めて見事な演出ぶりで、黒沢明的な話術も巧みに盛り込んで、なかなか普通の監督ではまねできない仕上がり。予告編を観た限りではありきたりなCGアニメ映画と敬遠していたのだが、映画館で観るべきだったと悔やんでいる始末。兎に角、話術の見事さで群を抜いている。
万里の長城にたどり着いたとたんに60年ぶりの怪獣軍団の襲撃が始まるという構成も見事なもので、迎撃の緊迫感が高まってゆく演出も文句のつけようがない。ジン・ティエン演じるリン隊長の登場だけでもう傑作認定だが、彼女の率いる鶴軍の捨て身の戦闘にはもう涙を禁じ得ない。よくもまあ、あんな馬鹿げた対怪獣迎撃作戦を考え出したものだ。圧倒的に下らなくて、圧倒的に美しい。その他の人力ベースの様々な怪獣攻撃方法のバリエーションも圧巻のすばらしさ。
■一方で怪獣たちのデザインや造形には斬新さがなく、こだわりのなさが感じられるが、怪獣との戦い方、勝ち方には筋が通っているし、ちゃんとサスペンスもあるから怪獣活劇としては十分合格点。万里の長城を散々持ち上げながら、クライマックスは一気に都に移るという風呂敷の広げ方もなかなか意表を突いてくれる。しかも、その移動方法の描写も素晴らしく、つくづく気持ちいい展開。
マット・デイモンウィレム・デフォーである必要性は全く感じられないが、ジン・ティエンだけは動かしがたい本作の核心。お前は何の旗のために戦うのか?と胸先三寸に鋭い刃の切っ先を突きつける、燃える男の活劇映画なのだ。