呪い襲い殺す ★★★

OUIJA
2014 スコープサイズ 89分
DVD

呪い襲い殺す [Blu-ray]■どえらい凶悪な邦題をいただいた劇場未公開作だが、ブラムハウスとマイケル・ベイのプラチナムデューンが製作したティーン向けオカルト怪奇映画の小品。アメリカ版こっくりさんで自殺した友達と交信しようとした主人公たちが呼び出してしまった何者かに呪われて命を落とすという、あまり新味は無い怪奇映画。正直、脚本としてはあまり出来はよくない。中盤までのサスペンスは悪くないが、特に終盤の決着はアイディア不足で、明らかにダメ。

■しかし面白いのは、やたらと展開が早く、スパスパとお話が容赦なく進んでいくところで、想像するに、編集のケン・ブラックウェルが製作者の意向も組んで、いらない(=アメリカのティーンが退屈しそうな)シーンをズバズバカットしたのだろう。監督はスタイルズ・ホワイトという人で、撮影も含めて質感が高いので低予算映画にしては見栄えが立派なのが、ブラムハウス製作の所以か。”出そうな”雰囲気描写は陰影の表現も含めてブラムハウス製作のホラーの中でも立派な部類で、そこは悪くないし、捨てがたい。デビッド・エメリクスという撮影監督は様々な大作でキャメラオペレーターやステディカムオペレーターとして活躍中で、典型的な欲のない職人といった人みたいね。

■ただ、呼び出してしまった悪霊の造形、描写は工夫が足りず、監督の限界が見えた気がする。その決着の仕方もツイスト不足で、腑にも落ちない。

呪い襲い殺す(字幕版)

呪い襲い殺す(字幕版)

参考

全体的に完成度はこちらの方が高いですよ。監督は鬼才マイク・フラナガン
maricozy.hatenablog.jp