書く女 ★★★

■永井愛作・演出による樋口一葉の半生記。永井愛は以前観た『かたりの椅子』がえらい傑作だったのだが、本作はそれにはとても及ばないなあ。黒木華の演技もうまいのかどうかよくわからない。
■貧乏と闘いながら生活のために家族を背負って小説に邁進することになる一葉の姿を、じめじめとならないように、明るくカラッと描くのは好感が持てるし、てきぱきと進行する舞台は楽しいのだが、正直人間の表現に深みがないなあ。日清戦争前後の世相の変化に対する目くばせも、それ以上に踏み込んでいないので、中途半端。
■林正樹の作曲と生演奏は非常に快調で、この舞台の魅力の半分くらいは負っている気がする。
■【出演】黒木華平岳大朝倉あき,清水葉月,森岡光,早瀬英里奈,長尾純子,橋本淳,兼崎健太郎,山崎彬,古河耕史,木野花,【音楽】林正樹

Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.