トランスポーター3 アンリミテッド ★★★

TRANSPORTER 3
2008 スコープサイズ 104分
DVD

トランスポーター3 [Blu-ray]■前作が番外編的なお話だったので、今回は本道に戻って運びや家業に精を出すのだが、事件が大事すぎて、もはや自らに課したルールを護っている余裕も無いという追い詰められ方をするのだが、お話が大きくなったおかげで薄味になってしまった。このシリーズ、事件は小さくても十分成立すると思うけどね。無理して大きな事件にする必然性は無い。
■監督はオリビエ・メガトンで、『96時間 リベンジ』は秀作だったが、その他の経歴はあまり冴えないね。本作も含めて。とにかくいけないのが、アクション場面の編集で、無駄に刻みすぎ。前作の編集は非常に上出来で、痒いところに手が届く感じだったが、今回はやたらとカット転換が早すぎて、何がどうなっているのか病に陥る寸前だ。確かに前作から編集担当が変わっているのだね。
■それでも嫌な気がしないのは、ジェイソン・ステイサムの確固とした佇まいにぶれがないから。そして大真面目なコメディ演技がここでも弾けているから。マウンテンバイクでアウディを追撃して運転席を奪回するシーンはやはり傑作だし、湖に沈むアウディからの脱出シーンも確実に笑わしてくれる(アウディの屋根の上に体育座りのステイサムは今や伝説!)し、クライマックスの一騎打ちも痛快。それで、その他のダメな場面も全て帳消しにして、いい気分にしてくれるありがたい映画。ひとえにジェイソン・ステイサムのスター性の賜物。