銀座の若大将 ★★★

銀座の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]大学の若大将
1962 スコープサイズ 94分
BS11
脚本■笠原良三田波靖男
撮影■完倉泰一 照明■森弘充
美術■小川一男 音楽■広瀬健次郎
監督■杉江敏男

■シリーズ2作目で、1作目のヒットでいい気になってる感じのイケイケムードがとにかく爽快で楽しい。前作では加山雄三の歌が多めにフィーチャーされていた感じだが、本作は広瀬健次郎の楽曲が大活躍で、映画のムードを決定付けている。さらに編集の店舗が絶妙で、弾むようなリズム感を生み出している。
加山雄三も完全に肩の力を抜ききって、軽快なアドリブ感が弾ける。こうしたアドリブ的な生々しさと可笑しさはシリーズ物ならではのこと。スタッフワークも前作よりも力が入っており、完倉泰一の撮影も良質。