アンノウン ★★★

UNKNOWN
2011 スコープサイズ 113分
DVD

■久しぶりに見直したリーアム・ニーソン主演の純粋サスペンス映画。実際のところかなりよく出来ていて、ジャウム・コレット=セラの良い意味でも悪い意味でもあっさりとした資質がよく生きていて、嫌味の無い良質なサスペンス。いまどき、ハリウッドでもこうした正統派サスペンス映画は少なくなったから貴重だ。

■今回見直して、ジャニュアリー・ジョーンズダイアン・クルーガーの女優の見分けがつくようになった。お話としては、どうしてもリーアム兄さんの過去の悪行の清算がついていないと感じてしまうのは初回と同じだなあ。ちゃんと警察に自首して出るとか、暗殺集団の殲滅には成功するが、嫁と信じていた女への思慕が拭いがたく苦しむ、というもっと苦い結末を用意するとかしないと、どうしても気持ちの収まりが悪いのだが。

■でも、さらりと描くサスペンス場面の巧さとか、狙いに狙った美術館のシーンとか、サスペンス演出の上質さは得がたいものだ。


Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.