台風騒動記 ★★★☆

台風騒動記 [VHS]

台風騒動記 [VHS]

台風騒動記
1956 スタンダードサイズ 107分
BSプレミアム
原作■杉浦明平 脚本■八住利雄、山形雄策
撮影■前田実 照明■吉沢欣三
美術■平川透徹 音楽■芥川也寸志
監督■山本薩夫

■台風は怖い、しかし、日本ではそのあとにもっと恐ろしいものがやってくる。という字幕が実に素晴らしい、山本薩夫の社会派風刺コメディ。しかも、実録映画であるというから凄い。3・11以降に日本人が経験したことが、既に五十数年前に予見されていたのだ。というか、その頃から何も変わっていないという事実を重く伝えている。
■小学校の校舎改築費用が足りないから、台風で崩壊したことにして国の補助金を騙し取ろうとする町会の右往左往の浅ましい有様を新劇人を動員して活写する。さらにトリックスタートして佐田啓二まで動員する豪華さ。彼が大蔵省の視察官と誤解される珍騒動が前半の見せ場。そして町会議員のボス、典型的な地方ボスの姿を三島雅夫がノリノリで演じるから楽しくて仕方ない。三島雅夫ファンは必見の大活躍。町長夫人をなぜか藤間紫が演じて、これまた珍妙な怪演が凄い。
佐田啓二が画策して弱気な教師、菅原謙二が一念発起するのがクライマックスで、一応主役は菅原謙二ということになる。しかし、脇役連中があまりにも強烈なので影が薄くなるのは仕様がないわなア。
■前田実の撮影によるパンフォーカスで細密なモノクロ映像も立派なもので、妙に解像度が高いので驚いた。力を入れてリマスターしたのかあ。昭和31年時点のモノクロフィルムはこれだけの細密な描写が可能だったのか。