献身 ★★★

献身
1961 スコープサイズ 95分
日本映画専門チャンネル
原作■丹羽文雄 脚本■新藤兼人
撮影■高橋通夫 照明■田熊源太郎
美術■後藤岱二郎 音楽■木下忠司
監督■田中重雄

丹羽文雄の原作を映画化した文芸風俗劇。叶順子と川崎敬三が主演なので、文芸大作というわけではない。落ちぶれた地方の名家の当主を川崎敬三が演じて持ち前の不誠実キャラを全開して、自尊心ばかり高くて現実的な能力のない嫌な男を好演するのだが、文芸映画とするにはもう一押し演技に深みが必要だろう。麻薬事件に関与したり、横領事件を企んだり、いかにも現実にいそうな、毛並みはいいのに残念な御曹司という役柄はぴったりではあるのだが。
■このバカ男に献身するのが叶順子だが、こうした役はあまり得意ではないらしく、どうも生硬に感じる。むしろ『家庭の事情』などで軽妙に演じているほうが活き活きして見える。彼女が女性の自立に目ざめるまでを描くお話だが、そのクライマックスが宿屋の浴衣姿での口げんかというのは脚本の設定に工夫が足りないのではないかなあ。一応文芸色で売っているんだから、もう少しやりようがあったろうと思うぞ。
■他にも高松英郎、菅井一郎なども出ますが、ほんとに顔見世程度なので、やっぱりB面映画だなあ。同時上映がなんと増村の『妻は告白する』。こちらも決して大作ではないので、両A面だったのかなあ。