スーパー! ★★★☆

SUPER
2010 ヴィスタサイズ 96分
みなみ会館

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]
■妻を麻薬ディーラーに寝取られた冴えない中年男は、宗教啓発用のヒーロー番組に感化され、さらに神の啓示を受けたと感じて、自家製ヒーロー、クリムゾンボルトとなって、街の小悪党たちに正義の鉄槌を振るい始めるが・・・
■話題の「キックアス」は未見なのだが、こちらはこちらでかなりの問題作。脚本、監督は「スリザー」のジェームズ・ガン。「スリザー」に引き続いて、今回も自慢の美人妻を寝取られた冴えない中年男の物語である!ジェームズ・ガンは、きっと寝取られ経験があるに違いない。基本的に、寝取られ男の未練たらたら話である。
■主人公が宗教的啓示によって選ばれ者と自覚するあたりがかなりやばい感じで、なぜか大物俳優が出演する本作が日本では大公開されない理由でもあるだろう。ヒーロー漫画、ヒーロー番組などの欺瞞を揶揄する皮肉も見所だが、本作のテーマその宗教性にあり、そこをどう解釈するかで、印象が変わるだろう。
■ラストは主人公が単純に肯定されてしまっているように見えるので、違和感を感じたのだが、もう一度じっくり観てみないと印象を確定できない。主人公の自警団的暴力は宗教的な倫理観に基づいているが、強引に押しかけて相棒になるエレン・ペイジの暴力は何の裏打ちも無い純粋暴力であるために否定される。結果的に自警団的暴力が肯定されてしまうことになるのだが、本当にそれでいいのか。やはり、主人公は狂っているはずではないのか?
ジェームズ・ガンの嫁さんLOVE映画の第二弾だが、考えてみれば、単にストーカーではないかい?大分歪んでいるよ、この男。