ガメラ2 レギオン襲来 ★★★☆

ガメラ2 レギオン襲来 [Blu-ray]
ブルーレイディスクにて鑑賞。これも、ブルーレイならではの細密さがよく生かされている。札幌ロケの雪景色が絶妙のリアリティを生んでいる。雪の情景の高精細な表現がこのソフトのキモだ。
■随分久しぶりに見直したのだが、まあおなか一杯になる濃厚な怪獣映画だ。アイディアとディテールがてんこ盛りなのは伊藤和典ならではの技で、特撮の良さよりも、情報量の多さで見せる映画になっている。加えて、大谷幸のノリノリの楽曲の独壇場。次々に活きのいい楽曲を繰り出す様には圧倒される。自衛隊表現において伊福部昭の域に迫っている。
■しかし、これも前作と同様に札幌と仙台の決戦のあたりで最高潮を迎えてしまい、ラストの首都防衛戦は作劇的にも特撮的にも尻すぼみになっていく。このあたりのバランスの悪さは、金子修介のものなのか、伊藤和典のものなのか?アクションのできない複雑大怪獣レギオン川北紘一におけるビオランテを想起させるが、シルエットの斬新さはこちらに軍配が上がる。最後に大して意味もなく立ち上がってみせるあたりも、ビオランテ的なハッタリ表現だ。
■それにしてもウルティメイト・プラズマって、そんな決着のつけ方が許されるのか?どうしても平成ガメラシリーズを全肯定できないのは、こうした部分なのだ。なんどでも言うが、レギオンの生物的弱点を確実に突いて仕留めるのがガメラのやりかただったはずなのだ。こうして、ガメラ=入れ物というモチーフが顕在化してくることになるのだが・・・

Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.