REGZA 37Z9000 購入記

■さすがに、これまで使ってきた東芝のブラウン管TVは重すぎてとり回しが困難なので、液晶テレビに買い換えてみた。画質は悪くないが、やはり液晶臭さが目に付き、映像に立体感が乏しい。細かい色調の調整もせず、おまかせ設定なのだが、肌色の色調が不自然だ。ただ、これはCHにより、うまくマッチするソースもあるのだが。
■しかし、もっとも違和感があるのは音の悪さだ。薄型テレビの宿命とはいえ、想像以上の貧弱さ。低音を補強しても、これまでの東芝製TVの抜けのよさ、中音域の鮮明さと明瞭さに比較すると、全くいいところが無い。異様に耳障りな音質だし、第一聞き取りにくい。音楽番組など聴けたものではないだろう。これまでのTVは、ミニコンポと結構互角に戦える音質だったのに。