円生と志ん生 ★★★

円生と志ん生
円生と志ん生
ハイビジョンシアター NHK hi
2007年 紀伊國屋サザンシアター こまつ座
脚本■井上ひさし 音楽■宇野誠一郎 美術■石井強司 照明■服部基 演出■鵜山仁
出演■辻萬長角野卓造塩田朋子森奈みはる池田有希子、ひらたよーこ

■太平洋戦争中、満州に渡ったはいいものの、終戦後大連から身動きの取れなくなってしまった二人の対照的な落語家、円生(六代目三遊亭円生)と志ん生(五代目古今亭志ん生)の姿と、彼らに関わる現地の女たちの姿をオペレッタ風に描いた老巨匠井上ひさしの”傑作”舞台。

辻萬長といえば、もっぱら映画やテレビドラマの手堅い脇役という印象なのだが、本領は舞台俳優としての活動にあるようで、本作もその代表作(とされている)。実際、その力量のほどはこの一作でもよくわかる。角野卓造はなにしろ志ん生なので、融通無碍な感じを一層拡張した感じで、クライマックスのキリストを巡るギャグシーンも冴える。

■円生と志ん生の戦後秘話を通して落語の芸の精髄をめぐる芸道ものとしての一面と、満州崩壊の激動の中で歴史に翻弄されるさまざまな庶民の女たちの姿を記憶するという一面が絡みつつ、物語がうねってゆくという構築はさすがにユニークなものだ。ただ、ラストが少々弱いように感じたが。

© 1998-2024 まり☆こうじ