DVD「リロ&スティッチ」スペシャルエディションの特典映像は秀逸

リロ&スティッチ スペシャル・エディション [DVD]

リロ&スティッチ スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/09/07
  • メディア: DVD
■個人的に「リロ&スティッチ」はディズニーアニメとしてもハワイ映画としても傑作だと信じているので、スペシャルエディションの2枚組みDVDを買いましたよ。メイキングドキュメンタリーが収録されているのだが、これがさすがに念の入った秀作。これまで観たなかでは「エイリアンVSプレデター」のメイキングの痒いところに手が届く感じに近い。日本映画のメイキングは、ほとんど家庭用ビデオの映像をただ繋いだだけという風のものが多いが、本作も、映画自体が低予算映画として企画されたものなので、メイキングに特別に大きな予算があるわけでもないわりに、幅広く網羅され、知りたいあのことやこのこと、思いもよらなかったディズニーアニメの動画魂の伝統まで知らされてしまうという、なかなか贅沢なもの。
■ハワイの情景を描くのに、伝統的な水彩方式を採用するにあたって、昔のディズニースタッフに教えを請いに行ったりするあたりも非常に興味深いが、もっとも大きなトピックはラストシーンの設定変更だろう。その原因は9.11テロ。スティッチがジャンボジェットをハイジャックして、異星人の追っ手に立ち向かうという場面で、巨大なジャンボ機がハワイのホテル街のビルの谷間を機体を傾けながらすり抜けるというアクロバット的なアクション場面があり、その映像も収録されている。アニメ映像としては傑作といえる迫力とスリルは圧巻で、ギャグも効いているので、確かにもったいないわけだが、事件のほとぼりが冷めれば公開できる日も来るだろうと涙を呑んでカット、差し替えとなったものだ。
■監督のディーン・デュボアとクリス・サンダースの個性の対比も興味深く、ディズニーアニメの脚本作りの一端も垣間見ることができる。カットされたシーンは、原画(彩色もされていない線画ですよ)でアニメーションを作って、動画にしてみせてくれる趣向もサービス満点だ。

Copyright © 1998-2021 まり☆こうじ all rights reserved.