増村のこと

 このブログでは特撮映画や時代劇など種々雑多な映画をとりあげていますが、本当に一番のお気に入りは、実は増村保造なのです。特に若尾文子とのコンビ作は絶品なので、本来ならDVDボックスでも買いたいところですが、なぜか発売されない。
 大映映画も角川映画に吸収されてしまったせいで、旧大映の屋台骨を支えたエース監督の存在を蔑ろにしているような気がします。ちょっと前に発売されたDVDも既に店頭在庫しかないような状態で、レンタル開始の予定もなし。これでは増村×若尾のせっかくの名作たちが忘れ去られてしまいます。
 雷蔵の映画が毎年特集上映されて愛され続けているように、増村の映画も定期的に一般の観客の目に触れるようにすべきです。勝新の映画はおっさんにしか受けませんが、増村×若尾のメロドラマなら、若い女性にアピールする余地があるはずです。